損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
持越しの損切りについて
持ち越した銘柄が、翌日ギャップ(窓)をつけて寄り付いた時、
それが利益になるギャップならいいのですが、
損切りラインを越えてしまうギャップの時もあります。

そもそも、持越しはリスクの高い手法ですので、
それはそれで覚悟されていなければいけません。
ギャップで損するのが嫌なら持越しは止めることです。

寄り前の気配を見て、損切りラインを越えることが明らかな時には、
基本通りに行けば、寄り付きでの成行決済が正しいやり方です。

何度もそういう経験をしてみれば、
寄付いてから、ちょっと様子を見たりするよりも
寄付きで成行処理するのが、平均的に傷が浅いと思います。

ですが、慣れて来ると、
そのギャップの”質”が分かるようになってきます。

よく、「ギャップは埋まる・・・」と言われます。
いったんギャップで寄りついても、
前日の安値・高値に戻ってくることも多いのです。

なので、それを考慮しつつ、損切りせずに耐えて
うまく行くことがあるのです。

要は、「このギャップは埋まるのかどうか?」。
それを見極めることができると、
損切り幅が小さくなることもあるというわけです。

その見極め方。

ギャップの間に、なんらかの重要なポイントとなるライン
があったりすると、そのギャップは埋まらないことが多いです。

たとえば、主要な移動平均線とか、トレンドラインとか。

(ただ、この場合は、そのラインまでは戻ってくることがあります。)

そうでなくって、単純に売り買いのバランスが片寄って、
ギャップになっている場合は埋まることが多いです。

・・・・・
いずれにしても、100%ではありえませんし、
50%よりは大きい確率、くらいのイメージで考えてください。

慣れて来ると・・・とはいっても逆に行くリスクはあるわけです。

基本は、あくまで「寄付き成行」であることを、
忘れないようにしたいものです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/28-460faf82
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック