損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/24 本日の損切り
「買い」でもない、「売り」でもない。
そういう相場です。

ニューヨークが再びの大陰線。
昨日、空売り銘柄を増やした私にとっては、
結果オーライの大ラッキー・・・だと思っていました。

ラッキーならば、寄付きで大処分・・・
が正解だったのかもしれません。

しかし、そこがまたトレーダーの性ですかね。
「どうせスイングのつもりで仕掛けたもの。
 ロスカットになるまでは保持しよう。」
と、今度は我慢を決め込みました。

その結果、1銘柄が見事「損切り」となりました。

横浜ゴム(5101)。
もう、絶好の「売り」の形に見えました。
25日線付近で、思わず「売り」ました。
「損切り」は、直近の高値572円を抜けたら、に設定。

昨日も、ぎりぎり、
なんとか「損切り」に達せず持っていたものです。

今日も、前場までは、なんとか耐えているというところで、
うまく下げてくれれば、と思って見ていたのですが、
後場の日経の急上昇で、「損切り」となりました。

ゴム業界の銘柄は、ブリジストンはじめ、私はあまりやりません。
ダマシが多いように思うのと、何だかいつも私の手法とは、
逆に動くように感じているからです。

しかし、今回の横浜ゴムはホントにいい形に見えました。
それでも、やっぱり「損切り」でした。

日経平均は、今日も良く動きました。
しかし、トレンドが出るというより、乱気流の感じです。

こういう感じだと、デイトレもままなりません。
利益があるときにすぐ利確していかないと、
何をやっても「損切り」になります。

昨日とは逆に、今日は日経が安く始まり、
勢いよく上昇に向かったけれども、
やはり、9,000円がネックになったのか、
最後は引きずり戻されました。
昨日の高値はさすがに抜けず、今日のローソク足は「下降」です。

毎日毎日、動きがよくわかりません。
上なのか、下なのか、どっちに向かおうとしているのか、
ホントに判断しにくいですね。

持合ですね。
少し時間がかかるのかもしれませんね。

なので、少し動いたからと言って、
「来たぞ!!」とばかりに仕掛けてしまうと、
馬鹿を見る可能性が高くなっています。

要注意、要注意です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/297-30051642
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック