損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/29 デッドクロス
今日の日経平均のローソク足は「下降」の形でした。
先週金曜日のローソク足と比べて、
高値は安いし、安値も安いからです。

そして、今日、75日移動平均線と25日移動平均線が、
ついに「デッドクロス」しました。

ある銘柄の移動平均線がデッドクロスしたからと言って、
必ず株価が下がるかというと、そうでもありません。

ゴールデンクロスがそのまま上昇を意味するものでないのと
同じです。

ただ、今日の話は個別銘柄の話ではなく、
日経平均の話なので、ちょっと話が違ってきます。

前から書いているように、
日経平均は日本株の関係者すべてが見ている、
最大の指標です。
だから、反応はより大きくなって、
市場に反映されると考えるべきです。

日経平均のデッドクロスは、
市場をテクニカルに見る人々には、
大きな影響を与える可能性が大きいのです。

ただ、問題なのは、
日経先物のほうは、デッドクロスしていないし、
するとしても、もうすこし日柄がかかりそうだということ。

先物を重視するか、現物指標を重視するかといいうことですが、
ここは、より多くの人に影響を与えるという意味で、
現物指標である日経平均を重視したほうがよさそうです。

また、さらに詳細に考えると、
東証一部の、さらに大きな指標であるTOPIXは、
かなり前にデッドクロスがあって、
すでに「下降」の波動に入っているということです。

そのTOPIXも、今日下向き75日線を割ってきました。

私は、トレーダーのご多分にもれず、
TOPIXより日経平均を重視してトレードをします。
が、TOPIXをある場面では非常に参考にします。

それは、日経平均が妙な動きをしているとき、
それがダマシなのか、今後のトレンドにつながる本質の動きなのか、
見極めておきたいときです。

そういう意味でいうと、
今回の日経平均のデッドクロスは、
本物くさいです。

TOPIXの「日足」チャートの「下落」サインを見ると、
そう思えてなりません。

今月は、しかし、そういうサインに騙されていることも多く、
今回も「信じて突っ走る」わけにはいかないとは思います。

日経の今日の姿は、ズドーンと落ちる予兆のように感じます。
(かなり「売り」保持の立場からの主観入ってます。
 すいません!)

それでも、上に行ってしまうのでしょうか?
ニューヨークが今夜爆上げ?

ま、どうなっても、相場に任せるだけですけどね・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/302-b536039a
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック