損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/3 ニューヨークの動向
昨夜のニューヨークダウは、75日移動平均線付近から
上昇して始まったものの、あとはほぼ下降一途。
私の想定よりもかなり弱い展開となりました。

理由はいろいろあるらしいのですが、
いつものとおり、よくわかりません。

寄り付き前には、雇用統計の発表が云々とされていましたが、
終わってみれば、雇用統計はおいておかれて、
大統領選の行方が焦点になったのだそうです。

確かに、来週は大統領選があるらしいので、
それはそれでアメリカにとっては、とても重大なことでしょうから、
株価に影響があるのも当然でしょう。

でも、本当に昨夜の株価の下落が、それに関係あったのかどうか?

そんなことは、誰にもわからないんじゃないかと思うわけです。
というより、事後にわかったとしても、「なるほど!」というだけで、
実際のトレードには役に立たないのです。

いずれにしても、下落は下落。
結果から見ると、ニューヨークダウは弱かったということです。

ところが、当方の日経平均は強い。
CMEの先物も下落とはいえ9,000円をキープしています。

月曜日の方向もまた、透明度が低くなりました。
上に行く確率が非常に高いと見ていたのですが、
その確率が少し減った感じでしょうか。。。

寄付きが昨日の終値より下になるのは想定されますが、
焦点は、そこから直近の高値を抜けて、
9,100円近辺にいくのかどうか?

あるいは、9,000円を割って下落し、
また持合相場に戻っていくのか。

日経は強いのに、ニューヨークが弱い。なので、日経が持ち合う。
大きくは、そんな図式のような気がします。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/308-969a9fc6
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック