損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/7 「買い」もあり。
大統領選は結果が出ました。
しかし、結局、株価の持ち合い状況に変わりませんでした。

日経平均は、9,000円を頂点とする、
三角持ち合いのようになってきています。

今日は、選挙に対する思惑なのか、
上がれば下げる、下がれば上げるの、
乱高下の一日になりました。
それでも、やはり、引けは9,000円より下。

本当に、動きたくないのだなあ、と意志を感じてしまいますね。

当方も、このところ、しっかりした仕掛けをしていません。
ほぼ、チマチマとしたデイトレに留めています。

すっと「売り」で保持していた銘柄は、
今日で、ついにあとひとつとなりました。

今日も、1銘柄仕切りました。
決算銘柄で、今朝、思いっきり下から始まってくれたので、
目標利確ポイントを割れたところで利確できました。
ラッキーです。

最後に残った銘柄は、先月の19日ころ「売り」仕掛けたもので、
もうかれこれ3週間くらいは保持しています。
日経の持ち合いとともに動きがやや止まってしまい、
「損切り」にはならないものの、
ある一定の抵抗線を割れずにここまで来ています。

全体相場が、下げてくれれば、
一気に割って目標の利確ポイントまで行くと思っています。
それで保持しているのですが、なかなかそうはなりません。

また、日経平均が持ち合っているうちに、
上昇の形に入ってきたかに見える銘柄が増えてきました。

それは、「10/15トレード手法について(4)」で書いた、
「グランビルの法則」で、下降が終わって、上昇に転じる形です。
(もちろん「日足」チャートです。)

具体的には、下向きからやや横ばいになってきた75日線を
抜けていくところ、そこが「買い」の狙い目です。

日経平均が瞬間的にでもグーンと上昇していくと、
そういう銘柄も、ぐーんと短期で上昇していきます。

9月の任天堂(7974大証)などは典型的な例です。

現在なら、昨日今日の関西電力(9503)や
中部電力(9502)、あるいはミネベア(6479)。

ツガミ(6101)も、今持ち合いに押されていますが、
急上昇の可能性は大きいと思って見ていますし、
SUMCO(3436)も近々形が整いそうです。

・・・どの銘柄も、直近の安値が、
   それ以前の最安値を割っていないことにご注目!

注意すべきは、このグランビルの最初の転換点では、
上昇が一過性に終わることが多く、
あくまで短期もしくは、デイトレ的に考えたほうがやりやすい
ということです。

私も、本当の狙いは、日経のいったんの上昇後の「売り」、
なのですが、
ここまで持ち合われてしまい、「買い」型の銘柄が、
ぼこぼこ出てくると、ちょっと話は別になるのです。

以上、今日もチャートをぱらぱら見ていて、
思いついたことでした。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/312-0f45a2ac
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック