損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
全身全霊を込めないと利益は出ない。(その1)
株のトレードは、全身全霊を込めないとトータルで勝てません。

中にはそうでない方もいるかも知れませんが、
少なくとも私に関しては、そうです。

「副業で大きな利益」とか、
「パソコンの前に30分いれば」とか、
少なくとも、トレードはそんなものではありません。

ちょっと勉強した程度では損ばかりになります。
相当に修行しても、まあトントンが精一杯。

”無傷”のまま成長してずっと利益を出し続けるなんてのも、
あり得ないと思います。
ある程度(瀕死にならない程度)の傷は、確実に必要です。
傷を負わないとわからないことがあるのです。

トレードに関して、教える立場の方々はみな、
「誰でもきちんと学べば儲けられるようになる」
と言ったり、書いたりします。
そして、それを聞いて生徒や読者が集まります。

「誰でも・・・」のコトバ自体は本当です。私もそう思います。
信じていいとは思います。

でも、「きちんと学ぶ」に込められた重さを、
生徒や読者にうまく伝えるのは至難の業だと思うのです。
どれだけの生徒や読者が、これをきちんと理解して学ぶのか。

トレードで学ぶ必要があるのは3つだけです。
1.正しく(仕掛けのポイント)入れるようにすること。
2.利益は、しかるべきポイントまでじっくり伸ばすこと。
3.損は、しかるべきポイントですぐに切ること。

テクニカルの勉強は、この3つができるようになるための前提です。
「まずは、どこかポイントなのか知ろう」というのが、
テクニカルを学ぶ目的です。
売買ポイントを現実のチャートから発見する力は、
ここでしか養われません。
このことは、どのテクニカル手法であっても同じです。

テクニカルなくして、
毎日相場とにらめっこして、分足チャートを追いかけるだけでは、
イメージで「何となく上がりそう(下がりそう)」というくらいしか
わかりません。
そして、そのイメージは必ずと言っていいほど間違っているのです。

相撲に例えると・・・
テクニカルを勉強して、やっと土俵に上がれるレベルです。
ド素人では、国技館の土俵どころか、相撲部屋のけいこ場でさえ、
相手の力士を動かすことすらできないでしょう。
 (よく芸能人がテレビ番組の中で相撲部屋訪問とかいって、
  ためしにまわしをつけて力士に挑戦している・・・
  あんな感じです。)

相場は、国技館の土俵と同じです。
序の口、序二段・・・とはいえ、
必死に上を目指してけいこをしている力士たちです。
2-3カ月の練習をした程度の素人には、
絶対に負けないでしょう。

そう思いませんか??

相撲でなくても、普通の社会人、サラリーマンでも、
その仕事のプロといわれる人たちは、
みな、相当の修行、努力を経て現在に至っているはずです。

トレードだって同じなのだと思います。

トレードをやるなら
真剣に、全身全霊でテクニカルを勉強しましょう。
少なくとも、高校や大学の入試のときに出した力は
出しましょう。

そのためには・・・
「余った時間でトレードでもやってみるか」なんて
軽い気持ちじゃだめなんです。
「絶対にトレードで成功したい。必ずやってやる。」
と、鉄の信念で思わないと。

高校、大学の入試のとき、
「まあ、ちょっと試験勉強でもするか・・・。
 ダメならダメでそんとき考えればいいや・・・。」
なんて思いましたか??
そんな考えじゃ受からないよって思いませんでしたか?

トレードは、まずは勉強です。
実戦も必要ですが、まずは全身全霊を込めた勉強。

そんな勉強が必要だと理解すること。

トレーダーの最初の要件です。


人気ブログランキングへ   ← ← 励みになります!
                       クリックお願いします!!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/32-781aa716
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック