損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/15 さあ来たぞ!
昨日の迷いのローソク足から、今日は一転、
ニューヨークの大陰線とは全く逆に、
日経平均は大陽線となりました。

急上昇の理由は、解散総選挙?安倍総裁??
いろいろ言われてはいますが、
要は、何かのきっかけがあれば、グーンと上昇する、
そんな鬱屈したエネルギーを秘めていたということでしょう。

これが、行き過ぎたストレス解放であるのか、
本物の上昇になっていくのかは、
明日以降、数日を待つ必要があります。

今日の上昇で、「損切り」を余儀なくされた売り方は、
少なくないと思います。

しかし、「売り」目線を持つトレーダーにとって、
これでまた、一つのチャンスが来たことは間違いありません。

ポイントは、やはり75日移動平均線でしょう。
これを抜けてさらに上昇していくのか。
それとも、そこで止まって、あるいは到達せずに
下降に転じるのか。
もちろん、また持ち合うというシナリオもあります。

私は、今時点では、「売り」を選択しようと思います。
日経平均75日線付近までの上昇を見たら、
個別銘柄を売ってみようと考えています。

明日は週末でもあるし、
もう少し待って、行方を伺う戦術もありですが、
それだと、最高のチャンスを逃す可能性もあります。

ともあれ、明日来るであろうチャンスに、
まずは小ロットでもいいから仕掛けてみようと思います。
「損切り」は当然に想定の上です。

・・・というより、「損切り」を想定しないトレードなんて、
そもそもあり得ないのですから、
普段通りにやるだけですね。

これは、予測でも何でもありません。
単に、スタンスの問題です。
正直言って、日経平均が上に行く可能性も、
下に行く可能性も、現時点では五分五分くらいに思います。

75日線の向き、「日足」の一目均衡表、
MACDなどを総合的に見ても、必ずしも一方向(上か下か)の
判断はつきません。

あとは、個別銘柄の「日足」チャート形を見て、
可能性をどう判断するか?
それだって、100%下に行くなんてあり得ません。
ダマシもあれば、何かしらのニュースもあります。

だからこその「損切り」なのです。

「損切り」を怖がっては前に進みません。
利確と同じく「損切り」もめでたくやるものです。
正しい「損切り」、正しい利確を繰り返すしか、
上達の道はありません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/321-321960c2
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック