損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/23 「売り」狙いの銘柄
日本は今日がお休みですが、ニューヨークも昨日は休みです。
ニューヨークは、下降相場の中での戻り上昇とみていますので、
今後上がっても、まずは25日移動平均線、そこを抜けても、
75日線あたりでは止まるだろうとみています。

日経平均も、まだ円安の流れを受けて、上昇を続けています。
いつかは下がるとは思っていますが、もう少し上に行くかもです。

そんな中で、大きく下降しそうな銘柄として、
OLC(4661)に注目です。

OLC(オリエンタルランド)は、言わずと知れた人気銘柄。
特定のファンがしっかりついています。
株価も、震災での一頓挫は仕方ないとして、
その後、上昇の一途です。
10月には11,000円を抜けてきました。

しかし、そのOLCにも陰りが見えています。
11/16の大陰線で、波動局面での「下降」になっています。
また、75日線も割りました。
その後数日で、何とか75日線の上に戻したものの、
昨日の陰線で、また75日線の攻防戦となりました。

いままで、ずっと上昇を続けているだけに、
ここで、75日線をはっきりと割ってくるなら、
大きな下げが期待できそうです。

もしかすると、上昇相場から下降相場への移行が、
今なのかもしれません。

とりあえず、月曜日、木曜の安値を割った時点で、
少しでもいいので「売り」仕掛ける手はありそうです。

そして、10,250円あたりを割ってくる時が、
本当の「売り」時です。

そこは、11/16の陰線の底に当たりますし、
売買高が多くなっている価格帯でもあります。

売買高が大きいということは、その価格帯で、
買って持っている人が多いということでもあります。

つまりは・・・その価格帯を株価が割った場合、
買い持ちの人は含み損を抱える状態になるわけで、
すると、今度はその価格帯に戻って上昇してきたときに、
ほっとした買い持ちの人々の「売り」が出てくるのです。

だから、なかなか売買高の大きな価格帯を抜けだすことが、
難しくなって、抵抗ラインになることが多いのです。
いったんは戻っても、再度そこから下げていく・・・
そういう局面が期待できるわけです。

OLCは、今、そういう大きな分岐点を前にして、
これまでの上昇相場を守れるかどうかの瀬戸際にきています。

日経平均がこれだけ上昇しているのに、
ここはちょっと苦しげです。

大きなチャンスがやってくるのかどうか、
それはわかりませんが、注目する価値は十分にありそうです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/329-553d567b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック