FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/5 持ち合い継続
嫌な相場が続きますね。
日経平均は昨日の安値を下回って寄り付き、
昨日高値を上回って推移したあと、結局は少し下げて引けました。

ローソク足は持ち合いです。

保持銘柄も、「損切り」にならず、利確もできず、
持ち越しの日々です。

そんなさ中に、私は「買い」を1銘柄仕掛けました。
ちょっと大きなチャンスになりそうなチャートを
見つけたからです。

どんなチャートかというと・・・、
株価が長い間ずっと底値付近で低迷している間に、
上から75日移動平均線が下に降りてきて横ばいになってきた。
そして、そうは言ってもわずかに株価の波動が上昇に転換。
すぐ下にある25日線を抵抗線として、
横ばいになった75日線を抜いてきた・・・。

そういうチャートです。

長い低迷の間の持ち合いで、
ボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっていると、
さらに「買い」です。

これまでの長い眠りから覚めるような急騰の可能性があるのです。

75日線を抜いてくるときが「買い」のポイントです。

たとえば、ここ最近の例でいうと、
不動テトラ(1813)とか、中山製鋼所(5408)のような、
パターンです。

上に書いたとおりのテクニカルではないかも知れませんが、
仕手系の銘柄によく見られる急騰パターンです。

本当に仕手系のお決まり銘柄ならば、
あまり手を出しませんが、
そこそこメジャーな銘柄が、このチャートの形になった時には、

ちょっと触手を伸ばすと面白いのです。

もちろん、しっかりと「損切り」の逆指値は入れます。
それは、直近安値でもいいし、75日線を割ったらでもいいし、
ケースバイケースです。

急騰したら、利確も早い方がいいです。

「売り」を保持しながらの「買い」仕掛けは、
正直言って、苦しくもあるのですが、
全体相場の持ち合いのときなので、
あえて、そういう仕掛けもしてみたのです。

また、保持している「売り」銘柄が「損切り」になった場合の、
リスクヘッジにもなります。
急騰銘柄は、日経平均とはあまり関係なかったりもするのですが・・・。

うまくいくかどうか?
あしたに期待ですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/339-cda087fc
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック