FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/8 週足を見る
ニューヨークダウは、昨夜上昇し、
75日移動平均線に近づいてきました。

それに伴って、日経平均も上昇するのかどうか?

これは、かなり微妙です。

CME日経先物の動きを見ると、
どうもやはり、金曜日の日経平均の高値を上回るような値は、
つけては来ませんでした。

そうなると、月曜日の朝の寄付きは、
おそらく金曜日のローソク足の範囲内で決まると見ていいでしょう。

私は、今「買い」の銘柄を抱えているので、
短期的ではありますが、上昇してほしい目線で、
月曜日の朝を迎えます。

さて・・・上昇する可能性としては、
どんなことが考えられるのか?

12/2の記事で、
ここ最近の日経平均のチューブ相場の話を出し、
12/6の記事では、
このチューブをいったん上抜けたように書きました。

今後はあくまで不透明ではありますが、
仮に上に行くとして、次の目安はどこなのか?

当然、「日足」のボリンジャーバンドの+2σは一つの目安になります。
が、「日足」の中で一つのレンジを抜けたとなると、
見るべきは、さらに大きな視点からです。

で、日経平均の「週足」を見てみるのです。

すると、2010年4月の高値、2011年2月の高値、
2012年3月の高値をきれいに結ぶ、
1本のパーティションのラインが見えてきます。

これが、ここ数年の高値パーティションになっているようです。

そして、今は、そのパーティションに向かって上昇している、
というわけです。

だとすると、ここ1カ月くらいの期間で見れば、
上昇の目安は、このラインまで・・・すなわち、
9,800円から9,850円あたりまでになりそうだ、
ということが推測できるわけです。

さらにいえば、
このパーティションで日経平均の上昇が止まるなら、
その後は下降に転換するのであろうし、
止まらず抜いていくなら、新しい上昇の局面に入る、
と考えてよさそうです。

「週足」はこのようにも使えます。

「日足」を見ていても閉塞感を感じてしまうようなとき、
ふっと「週足」「月足」などを見て、
思わぬテクニカルな特徴を見つけることがよくあります。

それが本当に機能するテクニカルなのかどうかは、
その後の展開を見なくてはわかりません。

しかし、少なくとも機能する可能性はあるのですから、
検討して損はないのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/342-e0580c83
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック