損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
全身全霊を込めないと利益は出ない(その3)
テクニカルの勉強をして、
現実の相場の真剣勝負の中に入っていくとき、
心しておきたいことは、
「1回1回のトレードを大切にする」ということです。
(当ったり前!なのですが)

いい加減なトレードをしてはいけません。

いい加減なトレードとは、
予定外のトレードをすることです。

トレード学校で、私は、
「言われたこと以外やるな。
 アレンジ、工夫をしてはいけない。」
と教わりました。
(このことは、前にも書きました。)

トレード学校の勉強を終えてからは、
そのコトバは、自分のトレードにおいて、
「事前に決めたこと以外やるな。
 場中でアレンジ、工夫をしてはいけない。」
と置き換えて考えました。

それが、このブログでも書いている、
「株頭」の基礎だと思ったからです。

要は、「200円が買いのポイント」ならば、
「200円で買う」ということです。
上昇力が強い(ように見える)からといって、
200円で買えなかったものを、
201円で買っちゃダメです。

損切りも、「197円になったら売り」ならば、
196円以下まで我慢したらダメだし、
198円で早逃げしてもダメなんです。
(もちろん、大引け等で、持ち越さないための仕切りは必要です。
 念のため。)

こうした、余計なことをしない訓練を実戦で積むことが、
相場で生き残っていく訓練になります。

テクニカルの勉強の次の段階では、
これが大切な勉強になります。

自分の計画に対して、
どれだけ忠実なトレードができたか?
それをどれくらい積み上げてきたか?
それだけが、そのトレーダーの意味あるキャリアです。

テクニカルの勉強と同時に、
このキャリアの積み上げがないと、
利益の出るトレードはできません。

全身全霊を込めて勉強する。
全身全霊を込めてキャリアを積む。
これでやっと、土俵上で利益が出始めます。

ただし・・・
ここで間違えていけないのは、
「1回1回のトレードを大切にする」
からといって、
1回1回のトレードの結果を考えてはいけないのです。

これはまた、ちょっと複雑になるので、
次回にします。

↓ ↓ できればクリックでの応援お願いします!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/07(火) 00:59:15 | | # [ 編集 ]
Re: 雨ですね。
いつもコメントありがとうございます!
今日も寒いですね。

> 日本橋梁と、東天紅を・・・

やっぱり、なかなか、株をご存じの方ですね。
このあたりの銘柄は、
空売りができないので、買い戻しもありません。
上げる時は一気に上げ、下がるときも一気に下がります。
動きが比較的一直線なので、
自分と波長があってくると、物凄いことになりそうですね。

私は、性格が天の邪鬼なので、
こういう銘柄に波長を合わせようとすると、
たいがい裏目に出ることが実証されています。
とても魅力的なのですがめったに触りません。

トレード学校は・・・
1年前くらいまで通っていました。
通ったのは2年くらいです。

私は、どちらかというと、
カチッとした(型にはまった勉強が好きな)タイプでして、
そういう意味では、
トレードの世界は性格的には合ってないんですが、
トレード学校の勉強は好きでした。

それまでは、ながいこと一人でやってましたが、
そのとき学んだことの復習にもなりました。

どこの学校なのかは、
色々と支障もありますので、伏せさせてくださいませ。

それなりに、小さくともきちんと宣伝している所なら、
手法は持っていますし、通う価値はあると思います。
中には、変なところもあるとは思いますが・・・。

もちろん学校ですべてが解決するわけはありません。
自分の感覚としては、
トレーダーとしてのだいたい30~40%くらいの部分が、
学校によって磨かれたと思います。
30~40%って、けっこう大きいと思うわけです。
(まあ、それも、人によりますよね。)

さて・・・
今日はまた、
「8328札幌北洋」を発見です。
私には、いかにもこれからトレンド転換しますと
いっているように見えます。
すごく地味な銘柄ですが、注目です。

(もちろん、上がるか下がるかは、単なる予測でしかなく、
 おりしも、今は四半期決算などもあり、時の運に左右される
 度合いも高いので、実際のトレードにはご留意くださいませ。)
 
では、今後ともよろしくお願いします。
2012/02/07(火) 16:49:35 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/35-d92c26c7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック