損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/18 「買い」の持越し
先週の金曜日は「買い」保持銘柄を仕切りましたが、
今日は週またぎの持越しに決めました。

日経平均が強い、というのもまずは第一の要因です。
でも、それは先週と同じ。

日経平均が、ボリンジャーバンドの+2σまでまだ距離があり、
まだ上げ余地がある・・・。
確かに先週よりも大きな余地です。
でもおおまかには、それも先週と同じ。

ではなぜ、今週は持ち越したのか?

最低でも、もう一日は上昇が継続し、
今週月曜日の直近高値を抜けていくと思ったからです。

先週末は、高値を抜けた日でした。
そこで、上下にひげを付けた形、
始値と終値が近いコマのような形のローソク足を作りました。

でも、今日のローソク足は、はっきりとした陽線。
しかも、月曜と火曜の間に空けたギャップを、
しっかり埋めてきています。

形から見て、来週早々の高値更新は固いな、と思いました。

それでも、以上は、あくまで日経平均の話。

あとは、個別銘柄のチャートがどうなのか?
という話になります。

私の「買い」保持銘柄は、
今日、大きく上昇しましたが、
それでも、当初描いていた利確のポイントに後わずか及ばず、
という状況だったのです。

こういうときには、ついついグラグラしがちなんです。
月曜日に、思い切り下げてしまったら・・・。
などと考えると、いてもたってもいられなくなります。

それでも、銘柄のチャート、日経平均のチャートは、
信じていくしかありません。

いつ大丈夫で、いつ裏切られるかには、
おそらく法則性がありません。
(少なくとも、私にはそう見えます。)

勝負は、1回1回でなく、いつもトータルで考えましょう。
裏切られる確率が4割あっても、儲けることはできるのです。

利確できる確率がたとえ2割であっても、
「損切り」「利確」の設定の仕方次第では、
儲けることができると思います。

自分なりの一貫した見方、ルール、対処。
それを何度も繰り返してみないと、
儲かる仕組みかどうかはわからないのです。

焦らず、ゆっくりと進むべき道なのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/381-be14e37d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック