損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
全身全霊を込めないと利益は出ない(その4)
1回1回のトレードを大切にやったとして、
問題は、そのトータルの成績です。

1回1回は、利益だったり損失だったりするけれども、
気にするのはそこではなくって・・・

合計するとどうなるのか?

大事なのはそこです。

「1回1回のトレードは、大切に計画通りにできた。
 確かに、利確もあれば損切りもある。
 ただ、計画通りにやっているので、
 1回の損切りについては、そう大きくはなってない。
 利益は、目標までは伸ばそうとしてみた。
 で、20回トレードしてみたら、
 最終的には差し引きで少しはプラスになった。
 そのまま50回やったら、さらに少しだがプラスが積み上がった。」

こういうトレードができるかどうか
この状態に、自分を持っていけるかどうか、
そこが成功するかしないかの分岐点です。

あとは、そのトレードを果てしなく続けていくだけです。
果てしなく続けていく中で、
更なる高みに登るための、
細かい修正もできると思います。

自分の計画通りにやれば、必ずトータルでプラスになる。
そういう自信が、果てしなくやる中でどんどんついていきます。

損切りについても、
「ここで切っておくことが、トータルプラスへの道だ」
と実証をもって心から思えるからこそ、実行できるようになるのです。

トレードの勉強において、最初に目指す終着点はそこです。

全身全霊を込めてテクニカルを学ぶ。
全身全霊を込めてテクニカルを使って計画する。
全身全霊を込めて実行する。

それでもだめなら、全身全霊を込めて検証する。
どこが悪いのか??

計画通りに実行したのに、トータルでダメなら、
テクニカルの勉強の方向、あるいは計画の作り方が違っています。

計画通りにやっていれば、トータルプラスになっていた。
ではなぜ、計画通りにできなかったのか?
仕掛け、利確、損切りなど、躊躇した原因は何か?
・・・・・

全身全霊を込めなければ、何もわかりません。
何も進歩しません。

「気楽な副業・・・」で儲けられるほど
この世界は簡単じゃありません。

そんなこと、どこの業界であっても、
「あたり前田のクラッカー!!」なのです。

トレードだけ例外・・・なんてありません。

↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/41-b2712bd1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック