損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/19 同じことを何度も
今日また日経平均は反発上昇。
5日移動平均線の上に出て来ました。

今のように日経平均が高値更新を次々としていく相場では、
同じように高値更新をしていく銘柄を「買い」で狙うのが、
常套手段です。

そういう、その時々の状況に一番なっている形の銘柄を、
「旬の銘柄」と呼びます。

その時々で旬の銘柄を次々と狙っていけるようになると、
トレーダーとしては、十分に一人前です。

でも、また別の方法として、
一つの形をずっと狙い続ける、というのもあります。

ずっとと言っても、もちろん、「買い」一辺倒とか、
「売り」一辺倒、という意味ではありません。

上昇相場の時にの買い」の形を自分なりに決めておく、
ということです。

たとえば、「75日線の直上でのトレンド転換」が、
いいと思ったら、その形ばかり探して仕掛けるのです。

この形は、確かに上昇の確率が高い形だと、私も思います。
なので、上昇相場であるならば、
「旬」であるかどうかは関係なく、この形にこだわるのです。

最低限、「買い」の形を一つ、「売り」の形を一つ、
それぞれ持っていれば
トレードって、それだけでも儲けられるものです。
(他の形に手を出さなければ・・・・です)

というか、トレードってもともと繰り返しの作業です。

いつも同じことを繰り返しできる人が生き残っていくのです。

いろいろなことに手を出さない。
特に、よくわからないうちは、ひとつの形にこだわる。

こだわることで、かえって全体が見えてきたりするのです。
こだわらないと、いつまでたっても見えて来ません。

そんな視点も持ってみませんか?


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/438-9e17f517
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック