損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/30 売りの検討
年度末になりましたね。
もう4月になってしまいます。
この時期になると、本当に1年て早いなあと思います。

今日の東京はとても寒いです。
せっかく、桜もまだまだ満開なのに、
これでは花見をする気にもなれません。

それでも先週は花見が満足にできなかったので、
何とか、昼ご飯に少しのアルコールということで、
ちょっとだけ桜の木の下に行ってきました。

で、戻って来て、銘柄探し。
まずは、昨日書いたような日経の今の状況から、
気楽に「売り」探し。

これだけ日経が長期的に上昇していても、
上昇が慢性的になればなるほど、
個別銘柄は勝手な動きをするようになります。

さすがに、タツタ電線(5809)のような形に
なっているのは珍しいですが、
そろそろ落ちていくのかな・・・程度の銘柄なら、
沢山あります。

今日は、その中から二つのパターン。

まずは、日経が下落するなら、落ち始めそうになっている銘柄。

JT(2914)や、オリンパス(7733)の形。
安値のところに壁(パーティション)ができてますね。
ここを割っていくなら下降だと思える形です。

ダマシになることもありますが、
日経の動きが素直に下降なら、思い切って狙っていきます。

高値圏にあることが多いので、
うまく引っ張れば、75日移動平均線まではとれます。

そして二つ目は、既に下落の形に入っていて、
75日移動平均線をめぐる瀬戸際に来ている銘柄。

JFE(5411)、アルバック(6728)、
三菱商事(8058)、不動テトラ(1813)。

75日線は、上昇と下降の瀬戸際のラインです。
上向きか、下向きかという、現状の事実だけでなく、
上向きになりそうか、下向きになりそうか、という、
傾きの方向性も大切です。

今は上向きだけど、今後横ばいになり、
動き次第ではそのうち下向きになる・・・、
そんな75日線を割っていくときは「売り」です。

そして、また75日線に戻り上昇した時には、
それを待っていての再度「売り」。

もちろん、そのまま上昇に転じられて、
思惑が外れてしまうこともしょっちゅうあります。。。
でも、そんなことには挫けない。。。

以上が、今回の二つの「売り」のパターンです。

明日も検討の上、来週はこの二つの中から、
狙っていこうと思っています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/447-9d6a8f72
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック