FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/28 ゴールデンウィーク
ゴールデンウィークです。
例年だと閑散相場になり、
下げの傾向に転換したりするのですが、今年はどうでしょうか?

これも、世の中の動向ではなく、
あくまでチャートの動きで見ていきたいです。

ニューヨークダウは、持合いで、
まだ下降の波動の局面にはなっていません
一応は、上昇波動の途中であるという認識です。

日経平均は、先週高値を更新して少し落ち着いたところ。
少なくとも、大きな下げの兆候が見えてはいません。
こちらも、完全に上昇波動の継続中。

デッドクロスしたMACDも、難なく逆転のゴールデンクロス。
全体的には売っていくには根拠薄。

個別銘柄で「売り」の形を探したとしても、
日経がこのような状況では、有利ではありません。
むしろ、閑散相場で押してくるならば、
そこを買っていくほうがいいでしょう。

でも、なかなか手は出しにくい、というのが正直なところ。
特に、昨日も書いたように、個別銘柄は乱高下が目立っています。
ちょっと、特殊な相場といってもいいと思います。

となれば、スイングはとてもやりにくい。
デイを中心に考えたほうが得策です。

デイトレードとなれば「分足」もモノを言います。

私の場合は、「3分足」「5分足」。
おそらく、どちらかといえば「5分足」のほうがポピュラーです。
ポピュラーであるということは、キーになる価格が、
チャート上に現れる確率が高いということでもあります。

しかし、デイトレ対象銘柄は動きも早くなります。
だから「3分足」もよく機能してくる場合が多いのです。

そして、忘れてならない「日足」。。。

なぜ、こんなところで反転するのか??
なぜ、ここで止まってしまうのか??
どんな壁があるというのか??

こんなときに、その回答が「日足」にある場合があります。
だからこそ、いつも見るのは「日足」。
「分足」で仕掛ける時も、必ず「日足」は参考にしましょう。
「日足」のチャートが頭に入ったうえで「分足」を見る。
これだけで、仕掛けのタイミングはかなり正確さを増します。

一番大切な「日足」の75日移動平均線、25日線などは、
「分足」には表示されていませんので・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/474-78af4ff9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック