FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/29 デイトレは難しい?
今がどうのこうのというより、
一般論としてのデイトレの話です。

私見では、スイングもデイトレも同じように思うのですが、
ホントのところどうなのか?

ポイントは「持越し」の難易度ということでしょう。

デイトレだと、その日の価格差を取りに行くわけですから、
数日のトレンドは取れません。
スイングは、逆にせっかくの含み益を吐き出すときもあります。

ただ、確実に言えるのは、
どちらもまあ、メリットデメリット同じようなものだとしたら、
デイトレのほうが、仕掛けの回数は多いわけですから、
それだけ検証サンプルが多くなるわけで、
その分、確実性は高くなるのではないでしょうか?

思うに、
デイトレで儲けている人にも二通りありますね。

①分足のトレンドを取りに行く人
②利益が出たらさっと引き揚げるスキャルピング専門の人

私は、スキャルピングの技術がほとんどありません。
というか、ほとんどやったことがありません。
デイトレをやるときは①のタイプです。

でも、1日のうちにものすごい回数をこなして、
スキャルピングで利益を積み重ねている人もいると思います。

かなりの確実性の高いスキャルピングだと、
それはそれで、相当に有効な戦略です。

ものすごい数をこなしていると、
プロ化するのも早いのだと思うのです。

スイングだと、100回の取引をするのに、
結構な期間を要します。
スキャルピングなら、
数日でその経験を積んでしまう可能性もあります。

結局、相場も経験が結構重要な上達要素だとすれば、
回数をこなせるやり方のほうが、
習熟度が早いということになります。

実にうらやましい限りです。

あと、スキャルピングをやる人は、
銘柄を絞っている傾向が高いように思います。
ある一つの銘柄に絞ると、一日その銘柄でやり続ける、
というように。

これは、チャートで「分足」を見ているというより、
銘柄のクセのようなものをつかんで、
それが現れた瞬間にすかさず仕掛けると言うことで、
相当な技術を要することだと思います。

チャートより、むしろ「板」を見て仕掛けることも
多いのでしょう。

すべては、わたしにとっては自身の経験ではなく、
聞いた話です。
正確かどうかもわかりません。

いろんな人がいるんだなと思います。
そして、羨ましくもなってしまうのです。

でも、自分のやり方には自信を持っていきましょう。
上手く行っているなら、それを続けるのがいいわけです。
上手く行っているということであれば、
繰り返せば繰り返すほど、さらにうまく行くようになるのが、
トレードであると思いますから。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/475-fb0365b1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック