損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
予定の損切りは勝ち
株の損切りは、ただしくやれば、それは勝利です。
少なくとも、私はそう考えるようにしています。

そして、間違った損切りは絶対にしないようにしています。

正しい損切りは、もともと自分の計画(予定)にあったもの。
間違った損切りは、予定していなかったもの。

間違った損切りは、資金的にも精神的にも、
大変辛いものです。こたえます。
これをやってしまった時こそ「負け」。

(エントリーするときに、
 損切りの予定を一切考えないということはないと思うのですが、
 そういう人はまずそこから改めるべきでしょう。

 損切りを考えない、ということは、リスクを考えないということ。
 すなわち”無謀”です。)

私の株仲間も大抵の方がそうなのですが、
みんな、損切りを悲しみすぎます。

確かに、「あーあー、やっぱり駄目だったか」という
気持ちにはなります。
どうせなら利益出るほうに動いてほしかったな・・・。と。

でも、それはもともと想定の範囲内だったわけです。
それに、全戦全部利益なんてあるわけありませんよね。

それでいて、実際損切りになるとがっくりするんじゃ、
やらないほうが良かったことになってしまいます。

また、株で儲ける具体的な自分の戦略が正しいかどうか、
それは、1回の損切りだけでは絶対わかりませんよね。
10回くらいも損切りが続いて、どうもダメだというときに、
正しさに対する疑問が少しづつ出て来るのだと思います。

仮に、50回損切りをやったとすると、その間にはリカクもあるわけで、
(さすがに50連続損切りはないと思いますから。)
その時の損切りがすべて計画通り想定の範囲内だったとして、
損切りとリカクとトータルでどのくらいの利益(損益)になるのか??

これが、損になっていると、さすがに
がっくりきていいと思います。
具体的な戦略が、間違っていることの証明ですから。

でも、そうでない限り、
損切りを「負け」だと思っていると、
かえって損切りできない頭になってしまい、
どこかで大きな損失を出してしまうんじゃないでしょうか??

私も、そんな感じで大損失出してました。
これからも、出すことがあるかもしれません。。。

だから、勝利をつかむために正しい損切りを続けます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/5-73b5cef4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック