FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/31 月足陰線
やはり下げの5月でした、ということなのか。
微妙ですが、日経平均の「月足」のローソク足が、
ついに陰線になりました。

日経平均の「月足」なんて、私の場合滅多に参考にすることも
なくなっていますが、現状での月足陰線は結構なトピックスです。

「下げ」が如実に出ているということです。

今日は、完全に持合いでした。
短期的な結論は出ませんでした。

しかし、もう一つ重要なこと。
移動平均線。

25日移動平均線が、そろそろ垂れてきています。
日経平均の頭も5日線に抑えられたままです。

いよいよ、75日線が視野に入ってきたというところです。

75日線が視野に入ってくるということは、
相場の転換が試される局面が近くなってきたということです。

「日足」の一番大きな相場観は75日線です。
これが上向きであれば相場は上昇。
そして75日線より上に株価があるなら、
それは買っていってよい、「買い」目線の銘柄です。

基本はそこです。

でも、今回の上昇相場の中で、
75日線は、日経平均においてはしばらく忘れ去られていました。

でも、いよいよ、それが見えてきたのです。
わくわくしてくるじゃありませんか!
何度も同じようなことを言いますが、結構大きな局面に来ています。

来週の焦点は、どこまで75日線に近づくのか、ということでしょう。

持ち合うなら、様子見。
上昇していったとしても、今は様子見。

面白いのは、日経平均が75日線まで下げていくときの、
「売り」の仕掛けだと思います。

そしてまた、75日線からの反転上昇があるのかどうか。
あれば、それはダマシかも知れませんが、「買い」は「買い」。

そこから75日線を巡る攻防戦になるはずです。
アベノミクスの本当の実力が問われるわけです。

でも、そんなことを私が考えているということは、
やっぱり様子見なのかな、と思ったりもします。

相場には、いつも意表を突かれます。
不思議なほど意表を突かれます。

これだけ勉強している(!?)のに、
それでも意表を突かれます。

なんでだよお、といつも思います。

それでも、冷静に考えるのは・・・
「結局、意表を突かれたからって、何が起きうるわけでもない。」
ということです。

自分の思惑が外れただけのことなのです。
思惑でトレードしなければいいだけのことです。

自分が期待していたようなチャンスにはならなかったけれども、
そのことで損するわけじゃあありません。

仮にダマシにあってしまったとしても、
「損切り」すればいいだけじゃないか。
リスクなんてそれだけ・・・。

ま・・・酒でも飲みますか。。。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
お疲れさまです
毎日読ませていただいてます。

相場観についての記事がおおいですが、実際のトレードの話も聞きたいのですが・・・

よかったら次回からお願いいたします。
2013/05/31(金) 23:22:45 | URL | いわた #- [ 編集 ]
Re: お疲れさまです
いわた様

コメントありがとうございます。

そうですね。機会があればいつでも書きます。

でも、私は相場の見方を大事にしています。
個々のトレードより、そっちが大事です。

このブログも、自分のために書いているだけのこと。

ご期待に添えるかどうかは・・・
わかりません!!

ごめんなさい。。。

2013/06/01(土) 00:08:44 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
代弁させていただくと、我々初心者は結果を出している方の言葉を聞きたいと思っているのです。

そういう意味でも結果を知りたいのです。

もし結果が出ていないようなら説得力に欠けると思います。

結果を出しているのなら毎日拝見して少しでも吸収しようと考えます。

読み手の勝手な言い分なのは承知の上ですが、懸命に頑張っているのでどうしても気になるのでコメントさせていただきました。

気を悪くさせたら申し訳ありません。。
2013/06/01(土) 22:32:44 | URL | いわた #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いわた様

再度のコメントありがとうございます!

結果が大事なのは当然です。
結果がない人の放つコトバに説得力がないのも当然です。

私には、私なりのトレード結果があります。
それは私にとってとても大事なものです。
そして、自分のトレードの結果には、
自分で責任を取らなくてはなりません。
それは、誰が何と言おうと、
当たり前に自分で責任を取る宿命です。

一方で、私のコトバに説得力があるかどうか?
それは、私の責任範囲にはありません。
これも、誰に支持されようが批判されようが、
私の力ではどうしようもないのです。

ですので、
私のブログには
「説得力がない、なぜなら結果が書いてないから」
と言われれば、
「こもっとも。」
とお答えする以外ありません。

だって、そんなに大金持ちにもなってないですし、
莫大な資産を運用しているわけでもありませんから。

もっともっと言うならば、
私だって初心者と同じだと思っています。
日々、勉強しようと思っていますし、
他の方々のブログからも吸収したいと考えています。
そこに、吸収すべきものがあるならば・・・。

素敵な結果の出ている方々のブログから、
少しでも有益なことを学ぼうと思っているのです。

でも、ブログの書き手の方々は、
その辺のことをよくわきまえていて、
そうそう簡単に有益な情報をくれたりはしません。

ましてや、儲かった結果、損した結果だけを
書いているブログからは、何も読み取れません。

自慢話に辟易したり、
大損の話に「バカだなあ・・・」と思ったりする程度です。
まあ、エンタテインメントのようなもの。
それが、株のブログの実態です。

なぜそこで仕掛けたのか?
なぜそこで仕切ったのか?
そのトレードの計画の背景にはどういう手法があるのか?

読み手が本当に参考になるのはそこのところです。

でも、そんなブログは、私の知る限り存在しません。

なぜなら、そんなブログを公開しても、
書き手に何のメリットもないからです。

私はそう思います。

私にとって、このブログは「仕事」ではありません。
「仕事」にする気もありません。
なので、「説得力」が必要だとは思っていません。

そして、実際に私の記事が信頼性が高いとも思いませんし、
信じて従いてきていただこうなんて・・・
とてもとても、おそれ多くて・・・私の身には余ります。

ごめんなさい。
2013/06/02(日) 01:55:02 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/508-9960a8b4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック