損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/14 だんだん近づいてきました。
昨日は、どうしても記事を書けませんでした。

夕方から飲み会が入ってしまっていて、
滅多にないほど夜遅くまで飲んで騒いでしまったためでした。

案の定、今朝はとても気分がすぐれず、
珍しく胃の痛みを感じたりもして、
グダグダの午前中を過ごしてしまいました。

最近は、一日一回ブログに向かわないと、
自分の調子が出てきません。

せっかく習慣化していることを止めてしまうと、
いいことはありません。
習慣を破ると、今度は逆に、
習慣を破ることが常態になってしまう危険があります。

ひとつ、そんなことが起きると、
たいていはいろいろなことに波及します。
怖いのは、そっちのほうなんですよね。。。

まったくもって反省です。

ということで、やはり日経平均なんですが・・・

昨日の大陰線で、日経平均の「下降」傾向は継続となりました。
「日足」チャートの波動の局面において、
「下降」となったからです。
直近の安値を割ってきたのです。

ゴールデンクロスするかに見えたMACDも、
再び逆戻り。
一目均衡表を見ても、ついに雲を割り込みました。
ボリンジャーバンドも-2σのラインが、
がますます下に伸びてきました。

いよいよ、下落相場の始まりが見えてきましたね。

今日は、その調整局面だったとみてもいいと思います。

あとは、75日移動平均線が下向きになるのを待つだけです。

個別銘柄も、同じような状況にある銘柄が増えています。
横ばいになった75日線を巡って持合い気味にはなっていて、
はっきりと下降にはなっていないものの、
「もうすぐです!」と語りかけてくる「日足」のチャートが
増えています。

今の状況でいえば、日経平均にならっていうと、
昨日が売り、今日は我慢、といった感じです。
それでも、銘柄によっては、
持合いの中での上下を繰り返していますので、
昨日売って、今日「損切り」というものもあったと思います。

ここは、ぐっと我慢のしどころです。

きたるべきチャンスに備えて、
細かい買い戻しの「損切り」を繰り返していいと思います。

当然に注意はするものの、目線は「売り」です。

75日線だけは、一番重要な指標なので、
どうしても気になってはしまいますが・・・。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/521-435641e8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック