損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/20 懲りずに出動
日経平均のローソク足の局面での「下降」が出ました。
75日移動平均線は上向きですが、
そこでいったん跳ね返された格好です。

5日線がかろうじて下支えになっていますが、
一目均衡表では、再び雲下に弾き返されました。

どうも、75日線付近での持合い色が濃いですね。
もう少し上下を繰り返すのでしょうか?

それでも、明日は「売り」チャレンジです。
日経平均が、今日の安値を割ってきたらGOです。

(ただ、今の時点でニューヨークダウが下げているので、
 ギャップダウンで始まってしまうと、
 あまりうまみがありませんが。)

狙うのは、アルバック(6728)のような形。
75日線が微妙に少しづつ下向きになってきており、
下げ基調で持ち合っているところ。

直近の安値(807円)を割るならその時が入りの機会。
ただ、800円あたりに壁があるので、
そこは要注意。
でも、そこも割れれば大きく下げる期待もできますね。

MACDのヒストグラムの傾向が上昇気味になっているので、
それが玉にキズですが、それは無視!

「週足」の上昇具合もいやですが、それも無視。

「日足」ボリンジャーバンドの-2σを割るあたり、
700円くらいまでが目標の目安です。
結構大きくねらえます。

ギャップダウンで始まったら、少し様子を見ます。
そのまま下がってしまったら残念ですが見送りです。

そうでなくて、上昇してくるようなら、
いったん今日の安値を抜けるのを待ち、
次に割ってくるときに仕掛けます。
これは、分足の状況変化をよく見ておく必要があるので、
難しい仕掛けですが・・・。

仕掛けた後の「損切り」は、できれば75日線抜け。
余裕がないなら、今日の足の高値抜けで逃げてもいいでしょう。

この銘柄は、動きが激しい時もあるので、急騰には注意。
決めたら必ず「損切り」です。

結構めちゃくちゃですが、まあこんなものでしょう。
ある程度「何でもアリ」の相場を理解していないと、
一つでものマイナスにこだわって、
仕掛けられなくなってしまったりしまうので、
そこは思い切り。

「損切り」さえ覚悟していればいいのです。

つい少し前に、この銘柄でうまく進められなかったので、
また駄目かなあと、尻込みしてしまいがちですが、
いい形なら何度でも狙う。

コツコツ「損切り」して、
ドカーンと取れればいいのです。
それこそが、うまくいくコツです。

まあ、ホントに仕掛けるかどうかは相場次第。
ダメならだめでまたの機会ですね。。。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/527-cc042744
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック