損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/28 上昇のしるし
日経平均が75日移動平均線を抜き、前の高値も抜けてきました。
「日足」チャートにおいて波動局面が上昇となりました。

いったん方向が出ました。

今日のこの状況、「売り」持ちはなにがあっても仕切りです。
たとえダマシの上昇であったとしても空売りは仕切りです。

損であろうと利であろうと、関係ありません。

日経平均が上向きの75日線を抜くというのは、
それだけの重みがあるのです。

スイングで見ても、
ダマシ覚悟でなら今日は買っても良かったと思います。

それくらい、相場の方向が出たということなのです。

素直に行くなら、来週は「買い」目線。
買いでうまくいきそうな銘柄を探すのが賢明です。

なんだか、巷の言いなりになるようで嫌なんですけど、
こればかりは仕方なし。
昨日記事に書いた上昇のシナリオ通りになってしまったのですから。

相場に反抗するのは、長い目で見てマイナスです。
個々の事例についてはケースバイケースで一律に語れません。
でも結局、長く続けていくなら、相場の動きに沿うのが一番簡単です。

沿うと決めたら、非人間的にでも沿うべきです。
非人間的というのは、自分の自由意思を受け入れないという意味ですが、
それだけが不埒な相場の動きに、
うまく対応していく方法だと思っています。

私は基本的にトレンドフォローです。
例外もありますが、逆張りはやりません。
従って、ナンピンなど、99バーセントやりません。

見た目は順張りよりも逆張りの方が大きく儲かりそうに見えるんです。
だって、うまく行けば一番安いときに買うわけですから。

でもそれこそが、まさに人間的な考え方なのです。
まあ、それ以上は書きませんが。。。

いずれにしても、上昇の日経平均。

素直に見ていていいと思います。

「日足」の一目均衡表なんかを見ると、
まだまだでしょ・・・と思うかもしれませんが、
そこは優先順位をつけておいていいのです。

まずは75日線。
そしてチャートの波動。

一目や、ボリンジャーは、
一定の局面での目安だと思いましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
学校について伺った、smile_isです。
●ご返答ありがとうございました。
どの株の学校か判りました。
私はこの学校の75日線(方向線)について
わかりやすさを感じました。
●6月28日の75日線上抜けは、
私にとっては強すぎましたが(こんなに上げなくても・・・)、
気にしていた数銘柄を買ってみました。
chinsukeさんの言うとおり、
ダマシのための、損切り準備態勢をしておきます!
2013/06/29(土) 07:21:44 | URL | smile_is #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
smile_is様

再度のコメントありがとうございました。

私は、今日本にある学校の中では、
この学校が、クオリティ(行ってみないとわかりませんが)においても、
実績(これも行ってみないとわかりません)においても、
一番だと思います。

当然のことながら、これが唯一のトレーダーの手法だとは思いません。
でも、ひとつのしっかりした体系を作っていると思いますし、
確かに、それだけで十分とも思います。

でも、いくら良い学校でも、
あとは本当に本人(生徒)のやる気と根気次第です。

学校を終えてから以降、
全然儲からず、別の手法に走っている人も、
私はたくさん知っています。
そういう人は、学校で学んでも、何の効果もないようです。
あんまり学校のことを信じないのでしょう。
一度でも「損切り」にあうと、
「やっぱり駄目だね・・・」なんて言ってました。

もともと自分なりの手法をもっていながら、
学校に通っている人の中には、
学校の勉強もあまり参考にならず、
自分のやり方で儲け続けている人もいます。
それはそれで、私はいいと思っています。
そんな人の話は、私には大変参考になりました。

世の中には、いろいろな手法や指標があるわけです。

その中から、どれとどれを組み合わせて、
自分のフォームを作っていくか・・・
当初はそれがとても難しいから、
学校の言うとおりに一度フォームを作っていく、
というのが大切だと思うわけです。

機会と余裕があるならば(というのが条件ですが)、
ぜひ、何らかの形で習うことをお勧めはしときます。

余計なお世話かもしれませんが・・・。
以上です。
2013/06/30(日) 21:38:21 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/534-3a30fe81
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック