損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/30 相場の上手な人
相場でコンスタントに利益を出せるようになるって
結構大変なことです。

勉強を一生懸命にしたり、非人間的な動きを要求されたり、
なかなかコンスタントにやっていける自信がつくまでは、
様々なスキルを身につけていかなくてはなりません。

人によっては、こういういろいろな過程を十分に経ずしても、
勘がいいのか、すぐに上手に儲けられるようになる人もいます。

私のような時間のかかるトレーダーからすると、
本当に不思議でうらやましいのですが、
初心者にもかかわらず、実に無駄がなく、
スムーズなトレードをやっているのです。

どうしてそんなに凄いのだと聞いてみると、
自分では全く、すごいとかそういう意識はなくて、
ただ単に、教わったことをそのままやっているだけだという、
答えが返ってきます。

あとは、銘柄探しも、たまたまいつも運よく、
教わった通りの形のチャートに出会うんだと。

確かに、その人の仕掛けを教えてもらうと、
まったく難しいことをやっているわけでもなく、
習ったまま、教わったまま、仕掛けのポイントを決めて、
教わった通りに「損切り」もしています。

それは本当に見事なほど、教わった通りなのです。
そこに、何ら自分自身の工夫など含まれていないのです。

でも、そういうことが、凄いと思うような世界が、
トレードの世界なのです。

東証一部だけでも1000以上もある銘柄のチャートを、
ひとつひとつ見て、教わった通りの形をしているチャートを探す、
というのは、別に時間さえかければ、誰でもできること
かもしれません。

でも、本当にできるかどうか?
やるのかどうか?

ちょっと形は違うけど、まあ似たようなもんだ・・・
と言って、妥協したチャートの探し方をしていないかどうか?

そこのあたりをきちんとできるかどうか。

凄いかどうかって、
そんなことの積み重ね程度のものじゃないかと思います。

自分では、なかなかチャートが見つからないのに、
前述の”初心者クン”は、実にいいやつを見つけてくるんです。
絶対に「運」ではありません。
単なるセンスでもありません。

きちんと見て、きちんと探しているかどうかです。

自分勝手に、教わったことの視点を変えない。
自分勝手に、これくらいいいんじゃないか?と思わない。
自分勝手に、これも同じだと思わない。

妥協して、自分勝手にやっていると、
いつも常に教わったことの根拠をもって、
一つ一つ対応していくことの訓練ができないでいてしまうのです。

それが一番大事な訓練なのに。

これって、あんまり、
その人の学歴とか職歴とか、
頭のよさとか要領のよさとか・・・
これまでの人生で必要とされてきたことと関係なくって、
また違った能力なんですよね。

そこがまた、トレードの魅力の一つでもありますね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/536-a2dbc59b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック