FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/7 必勝法の考え方
昨日の記事についてのご意見をいただきました。
すっごく要約すると、
勝てる手法は相場によって変化している・・・
というものです。

まったく、そのとおりで、
その意味で、私が、トレード手法は変わらない・・・
と書いたのは、間違いということにはなります。

私が「変わらない」と書いたのは、
主旨が違うつもりではあったのですが、
誤解の余地は十分にありますので、
その限りでは、本当に申し訳ありませんでした。

それで、
その方のご意見の本意ではなかったかもしれませんが、
ご意見をいただいたことで、
「トレードの必勝法」ということについて、
ちょっと考えてみました。

「必勝法」とは何だろう?と。

1回1回のトレードの仕掛けに必勝法が存在しないのは、
ほとんど明らかです。
(自分が、
 日本一の大金持ちでないとの前提においてです・・・)

なぜなら、
その1回のトレード中に、ものすごい大金持ちが、
銘柄の動向を左右する以上の資金を投下したなら、
それが「買い」だろうと「売り」だろうと、
一気に株価は狂ってしまいます。
そんなところで儲けられるかどうかは、
一人のトレーダとして見れば、偶然にすぎません。

あるいは、みんながみんな、
その必勝法をその1回のトレードで使ってきたら・・・
売り手や買い手が一人もいなくなる事態になります。

トレードの成績は、しかしながら、
この1回1回のトレードの集積(トータル)ですから、
1回1回の「必勝法」がないということは、
トータルの「必勝法」もありえないということです。

これは、将棋でも囲碁でも、競馬でもマージャンでも、
少なくとも相手のある競技・ギャンブルであれば、
「必勝法」がないのと一緒だと思うのです。

それでもやっぱり、トータルで勝っている人はいるわけです。
(トレードの場合は儲かっているということ。)
いるからこそ、それを職業にしている人が居るわけです。
(競馬・・・はその部分??ですが)

トータルの成績が「偶然」に左右されるような事象を、
職業にできるわけがありません。

必ず、100%、勝てるというわけではないが、
トータルで見ると「そこそこ勝っている」と言える状態に
なることは十分可能である。
場合によっては、もしかすると偶然かも知れないが、
途方もなく勝てる可能性もそこにはある。

こういう状況のときに、
人は魅力を感じ、それで食っていこうと思うのかなあ、
と考えました。

で、まずは手始めとして、
それを職業とするための戦略として、
「そこそこ勝っている」状態を作るための訓練を
繰り返していくのです。

そういう訓練メニューのことを、
その道の「基本」というのかなあ、と。
まずは、そこそこ勝てないと、
食ってはいけないわけですから。

結局のところ、「必勝法」を求めるのは無意味です。
「そこそこ勝っている」状態をこそ、目指すべきです。

このことは、とても重要なことで・・・
たとえば「損切り」できない病気があるとしたら、
「必勝法」を信じているからそうなるんです。

「そのうち上がるさ」というイメージを信じてしまう。
それは、「必勝法」の存在を認めていることなんです。

「必勝法」なんてあるわけないからこそ、
「そこそこ勝っている」ことをまずは目指して、
「損切り」していくことが求められるのです。

「必勝法」がないからこそ、
「そこそこ勝っている」状態を作るための、
訓練メニューもありうるのです。

「損切り」ってそういうことなのだなあ、
と改めて考えました。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
いつも丁寧なご返信ありがとうございます!

必勝法あればいいんですけどね・・・・
どれだけ勝ってる人のブログみてもやっぱり損する日もあるわけで、必勝法ではないでしょうけど、それでも勝率7割以上あればそれはもう必勝法なような気がします。

あとはやはり損切りでいかにコツコツドカンを防ぐか・・・・・

最近コツコツドカンが3回ほどあってマイナスを突き進んでおりますm(__)m

前回の保有期間質問させていただきましたが、ものすごく参考になりました♪
やはり1週間ぐらいは保有されるんですね^^

そして利益確定ラインなのですが、基本的にはボリンジャーバンド+2θなのでしょうか?
これから選挙やらで、これでもかって上昇相場がきそうな予感がビンビンなのですが、利確ラインをどうするかが不明確で悩んでおります。

お時間ありましたらご回答くださいませ☆
2013/07/08(月) 00:36:00 | URL | ざっきー #bGf9qjkw [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ざっきー様

またまたコメントありがとうございます。

> 勝率7割以上あればそれはもう必勝法なような気がします。

勝率というのは、その人のトレードスタイルによって、
大きく変わってくるようです。
時間が短いトレードほど、勝率が高くないといけない傾向にあります。
スキャルピングなら90%以上の勝率が必要だともいわれますし、
少し長めのスイングなら50%を越えればいいともいわれます。

まあ、何をもって「勝ち」とするのか、
その定義にもよるので、
私には、とてもとてもどうでもいいことに思えます。

> 最近コツコツドカンが3回ほどあってマイナスを突き進んでおりますm(_

これは、よくありません。
気を付けるとかそういうレベルでなく、
本気になっていかないとなおらなくなっちゃいます。

> そして利益確定ラインなのですが、
 基本的にはボリンジャーバンド+2θなのでしょうか?

ケースバイケースではありますが、「買い」のときは
ボリンジャーバンドの+2σが目標になることも、
とても多いといえます。
(「売り」なら-2σ)

(重要な例外は、
 ボリンジャーバンドが狭く収縮しているところからの
 +2σ抜け。
 これは、俗に「スプラッシュ」といって、
 ものすごい急上昇するパターンです。)

場を見られるなら+2σを抜けたときに仕切る。
見られないなら、+2σを抜けて引けたら、
翌日朝は成行きで「決済売り」。
・・・といった具合です。

もちろん、そこからさらに上に大きく上昇することも
あります。
でも、それは結果論。

「損切り」も絶対に無理しない。
利益確定も、無理はしないのが原則でしょう。

今日は、とりあえず、この辺りまでということで。

失礼します。
2013/07/08(月) 22:42:42 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/543-bd624431
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック