FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/13 長期投資って
私がトレードをやっていることを知って、
いろいろな方々から、相談を受けるようになりました。

いろいろな方といっても、すべて親戚、知人、友人の類です。

で、一番多い相談は(というか例外なくすべて)、
長期の投資に関してです。

そもそも、短期トレードなんて、
普通一般の人たちの頭の中にはありません。
トレードと言ったら、長期投資と思っていますから。

「今、余裕資金があるのだが、株に投資するのがいいのか否か?」
「今、数年前に投資した金融商品を持っているが手放すべきか?」

相談は、ほぼこの二つに集約されます。

そして、私の答えはいつも決まっています。

「そんなの、私にはわかりません・・・」

はっきりと、
そう言ってしまうと人間関係に支障をきたすことも
ありうるので、実際にはやんわりと話しますが。

このブログを読んでいただければわかりますが、
株の動きなんて、そもそもわかるわけありません。

いくらチャートを見たところで、
数か月とか、数年の単位で考えたら、
それこそ、どんな可能性だってあるわけで、
予測など根拠をもってつけられるはずがないのです。

結局は、長期投資は一般投資家にとってはギャンブルの一種です。

「銀行に預けたところでついてくる利子などたかが知れている」
と、口をそろえて皆いいますが、
少なくともマイナスになることはないのです。

そういう意味ではリスクはありません。

銀行利子以上に利益を出そうとするなら、
それ相応のリスクは出てくるし、
通常は、そのリスクの分だけチャンスもあると考えるべきです。

あとは、そのリスクを覚悟できるかどうかです。

いくら損する可能性が大きくたって、
そこに投じる金額が自分にとってとるに足らぬものであるなら、
平気で投資できるわけです。

でも、普通の人は、
そこそことるに足る金額を何らかの投資で増やそうと考えて、
あれやこれや悩むのです。

でも、悩むだけで真剣に考えていません。

真剣に考えれば、
悩むに足るだけの根拠も論拠も手に入らないことが
はっきり分かるはずです。

株がある程度の期間の後に上昇する根拠など、
誰に聞いたって眉唾物でしかありません。

評論家だって、当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

真剣に考えるなら、投資は投資です。
株式に投資するということは、
その会社の将来性を真剣に分析し、
社会環境とも併せ考えた上で実行すべきことだと思います。

でも、そんなことは一般の投資家にできるはずもないことです。

専門家がよってたかって分析したって、
本当かどうかはわかりにくいのですから。

長期投資・・・。
資金に余裕が十二分にある一部のお金持ちがやることだと、
私は思うのですが、いかがでしょうか?


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
先のない老人は短期勝負
普通の人であれば、長期でよいと思います。ただし買いのチャンスは暴落の時か今からであれば上昇相場の蚊帳の外におかれてる業種か。長期投資で有名な沢上さんはきれいごとを言ってますが、10年20年資金をねかせてたとえ倍になったとしても、一億、二億投資してればたいした儲けになりますが、貧乏投資家にとっては10年で500万が1,000万になったとしても、それで生活ができるわけでなし資金効率がよいとは言えません。私にとって短期が面白いのは直近を読む楽しさです。一年二年先を読むのは不可能ですが直近はなんとなく読めそうなからです。老人にとって先はよい話はありませんので買った株があがれば先行きくらい老人のうさを忘れさせ楽しいものです。
2013/07/14(日) 08:28:07 | URL | 天地玄黄 #6jyUzMHk [ 編集 ]
Re: 先のない老人は短期勝負
天地玄黄さま

毎度コメントありがとうございます。

株にはいろいろな楽しみ方があると思うので、
長期投資をやりたい方は、
それはそれでいいのですが、
要は、悩んで人を頼るくらいなら、
やらないほうがいいよ・・・ということかなと思います。

それに、
先読みという観点からすれば、
10年よりは1年、1年よりは1カ月、
1ヶ月より1週間、1週間より1日・・・・
というふうに、短ければ短いほど、
制度は高くなるわけです。

先読みという意味では、
短期のほうが有利だと思う所以です。

あと、短期で考えたほうが、
いろいろ試せるということもあります。
トレードの楽しみ的にも、短期がいいかと。

株のトレードは、
本当に楽しいものです。
大きな損を重ねて、
その楽しみを奪われないようにしたいものですね。

以上です。
2013/07/14(日) 09:18:39 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/548-0b247875
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック