FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/28 「損切り」に似たこと
日常生活の中で「損切り」に似たこと。

私は、
「損切り」に慣れるのに時間がかかりました。
それは、おそらく、そもそも、
「損切り」をきちんとやっていくのが苦手な性格だった、
ということが大きいように思います。

私は、トレードの世界に入った時、
「損切り」というのを知って、
最初は「やればいんでしょ」くらいにしか思わなかったし、
「損切り」ができないなんて、あり得ないくらいに
解釈していました。

でも、トレードを始めてすぐ、
実は、「損切り」は、
すごく自分には合っていないものかもしれない、
と思いました。

というのは、
たとえば、私は歯医者が大嫌いでした。
何となく、虫歯ではないかなと思っても、
なかなか歯医者に行かずに、
かえって病状を複雑にしてしまったことが、
二度や三度ではありません。

虫歯とか歯の病気なんていうのは、
放っておいて良くなることはありません。
とにかく、病状が浅いうちにさっさと歯医者にかかって、
治してしまったほうがいいのは、
火を見るより明らかというものです。

でも、そういうことが、
当たり前にできないのが私という人間でした。

非合理的・・・というか、
どう考えたってやったほうがいいことをやらない。
そういう、優柔不断な人間だったのです。

要するに、
嫌なことを先延ばしにする性格、とでもいいましょうか。
そういう人っているじゃないですか。

少なくとも、仕事ができる人じゃないですよね。
明日できることなら明日にまわすわけだし、
本当にぎりぎりまで、
やらなきゃいけないことを延ばしますから。

場合によっては、それでもやらない・・・。

結果として、問題を引き起こしてしまう。

本当に私は「困ったちゃん」でした。
(今でも日常生活では変わっていないかも・・・。)

「損切り」は、そういう先延ばし性格の人にとっては、
本当に鬼門なのです。
しかも、歯医者(虫歯)と違って、
場合によっては、治ってしまうこともあるのですから。
ルール通りにできるわけがありません。

歯医者に行かないというのもそうかもしれませんが、
他にも、宿題とか、ダイエットとか、禁煙とか、
やったほうがいいに決まっているし、
自分でもその気になっているのにできないことって、
日常には沢山あります。

その、ことごとくに対して、
私は「完全にはできない」人であり続けました。

当然に「損切り」もできないわけです。

もちろん、できる時はできる。
いつもできないわけではないのです。

もっと言えば、いつもならできる。
でも、何かの拍子にできないときがあるのです。

その、できないときが、
地獄の第一歩になってしまうのです。

だからこそ、「大損する経験」という、
荒治療、大手術が、私の経験として必要でした。
(正確には、治療でも手術でもないですね。)
まあ、情けないことです。

歯の治療に関しても、
私は凄い経験があります。

本当に歯磨きの大切さを骨身に感じて知ったのは、
そのときからでした。

人間である以上、誰しも性格上の弱みは持っています。

そして、その弱みが、生きていく上での、
決定的な障害になってしまうこともあるのです。
「致命的」ってそういうことでしょう。

それこそ、何かの拍子にそうなってしまうんです。

「何かの拍子」なんて、いつでも起こりうるし、
起きないなんてとても言えないことなんです。

だからこそ、「何かの拍子」に備える必要があるのです。

「損切り」ができないならトレードはできません。

同じように、もっと大きなことを考えると、
「損切り」できない人間性だと、
結局は、人生が上手く行かないような気さえします。

「損切り」の心のあり方をつかむことは、
ひょっとしたら、幸せのきっかけをつかむことかも知れない、
そんな風にも感じています。

トレードは面白い!!
ホントにそう思いますね!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/564-daeb0e59
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック