損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/24 改めて「損切り」・・・
少し大きなところから俯瞰してみると、
ニューヨークダウ平均にせよ、ドル円為替にせよ、
週末に向けての反発はあったものの、
このところは下降のトレンドになっています。
(為替は円高方向)

どの指標も、「日足」チャートでは、75日線が、
上から値を押さえている形になっています。

日経平均も、この流れに同期しています。

いよいよ、下降相場が見えてきたということなのか。

あるいは、ここから大逆転があるのか。

私は、すでにスタンスを「売り」方向に変えています。
そして、「売り」の仕掛けをやっています。

その立場からは、下降相場の本格的な開始を目論んでいます。

しかし、銘柄によっては、日経の反発時に思わぬ急騰なども
予想されるところですし、
「損切り」ラインは相場の流れに関わらず、
きちんと守って行く方針です。

改めて、そこは確認しておきたいところです。

相場の流れが自分の側についたとしても、
それはそれで、あくまで「有利」というにすぎません。

どんな仕掛けでも「有利」なだけでは決着はつきません。
利益確定のポイントに達して、仕切ることができて初めて、
決着するのです。

「有利」な状況に安心して、「損切り」を忘れたり、
棚上げしたりしたら、
それこそ、トレードキャリアが元も子もなくなります。

「損切り」というのは、絶対に決めたとおりにやるべきことです。
極端な言い方ですが、それがトレーダーの仁義です。

「蟻の一穴」は、絶対に開けてはいけないのです。

それができないなら、
トレーダーを続けることは止めたほうがいいと思います。

・・・
なんだか、ずいぶん話が発展してしまいました。

でも、ノッているような時こそ、
基本原則に立ち返ることがいいときがあります。

たいていの大失敗は、
ノッているときが、その出発点になることが多いのです。

ある程度の年齢の方ならば、
本当にそういうことがわかると思います。

基本原則を見直したうえで、
また、具体的な戦術に戻りたいと考えています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/595-047410a9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック