損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/23 ニューヨークを見ていこう
金曜日はニューヨークダウ平均が、
いったん大きく調整しました。

今日は月曜日ですが日本は休日。
ニューヨークの動向が気になるところです。

この前も書きましたが、
今は、ニューヨークと日経が連動性があるようです。

ニューヨークは、直近の高値を抜けて最高値を付けた直後。
少し調整が入って下げています

反面、日経はまだ直近高値(7/19)を抜けるまで行っていません。
直近高値は15000円の少し手前です。
そこを抜ければ、15000円が見えてきます。

抜けたところでニューヨークと同じように
調整が入るかもしれませんが、
抜ければ波動の局面での「上昇」となります。
持合いの局面を脱するわけです。

5月の最高値は16000円手前まで行きましたから、
上昇となれば、次の目標はそこになります。

75日移動平均線が完全に上向きな強い相場になると、
株価はなかなか75日線までは落ちてきません。
25日線が調整の下限になることが多くなります。

今年前半の日経上昇時は、まさにそういう動きでした。

上昇相場が進んだ時の「買い」の仕掛けの基本は、
トレンド転換で買う、パーティション抜けで買う、
ということになりますが、
そのタイミングで25日線や75日線が絡んで来れば、
最高の「買い」場面になるわけです。

そういう状況なら、日経平均の上下動を見ながら、
そういうチャートの形をした銘柄を探すことです。

ただ、今現在は、
そこまで上昇相場が進んでいるわけではありませんから、
なかなか探してもそういう銘柄は見つかりません。

日経平均と同じように、ちょうど上昇相場に入っていくところ、
という形が多くあるわけです。
まだ上昇相場に入った・・・とはいえない銘柄も多いです。

たとえば、キヤノン(7751)とかツガミ(6101)。
「売り」たくなる形であり、
ここから大きく上昇するかも、という形でもあります。
まさに、今後上昇するか、もう一度落ちるのか・・・
日経平均が弱いなら迷わず「売り」なんですが。

アコム(8572)などは、
この形から、やっぱり上昇していっちゃったわけです。

旭硝子(5201)や東芝(6502)は、
これから、この形になっていくんでしょうが、
日経が強ければ上昇に入るように思います。

日経が大きく調整するときなどは、
これらの銘柄は、日経以上に大きく下げていくことに
なりそうです。

まあ、明日からの相場、
まずは、ニューヨークの動き、
忘れずに見ておきましょうかね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/622-d9627cc6
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック