損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/3 仕掛けは機械的に
日経平均が75日移動平均線に近づいてきました。
反転を待つ、
最後にして最大のチャンスと言っていいでしょう。

このチャンスを捉えて個別銘柄を仕掛けられれば、
最高です。
結果がどうなるか、というよりも、
そこで仕掛けなければ、仕掛ける時がありません。

75日線までの下落はなく、25日線を割ったことで、
反転のきっかけになるかもしれません。
それは、相場のみぞ知ることです。

しかし、昨日の大きな陰線を見ていると、
なかなか「ここで買い」と思えないのもわかります。

どうしても、大きな下げのイメージが染みついて
しまっていますから。

でも、そこは、機械的にやることが大事です。
過去は過去として、私は私のルールを優先するべきです。
私のルールでは、ここは「買い」なのです。

なーんか嫌な感じ・・・というのは、
大事にすべきときもあります。

でも、いつもいつも、そう思っていたのでは、
何のために勉強するのか分からなくなります。
実践で覚悟を決められないなら、
いつまでたっても本番素人で終わってしまいます。
(もちろん、仮装売買で勉強している方は、
 無理して本番突入する必要ありません)

「損切り」に終わってもいいんです。
しっかりと「損切り」できることこそ、
ある意味での勝ちなのです。
利益を出すことや、我慢することが勝ちなのでは
ありません。

どこまで行っても、
このことだけは変えるべきではありません。

私は「買い」で見ていますけれども、
これが「売り」で見ている人だったとしても、
それは同じです。

「買い」で見るのか、「売り」で見るのか、
などというのは、極端なことを言うと、
単に手法(メソッド)の違いだけです。
どちらが正しいかなんて、一方的には判断できません。
どちらか一方が利益になったとしても、
それは結果論にすぎません。

問題なのは、決めたことを、その通りに守れたかどうか。
それがすべてではないとしても、
一番大事なのはそこなんです。

よく見ていくことはもちろんですが、
「ここに来たならチャンスなんだ」というところで、
目の前の仕掛けから逃げないことです。

まあ・・・
今の時間でのニューヨークダウを見ていると、
あまりの続落ぶりに、気が遠くなりそうですがね。
(75日線も下向きになりましたね。)

どうなることやら。

(追)
本当に、しつこいので、これで最後にします。
本当にいい動画なので、少しでも時間あるなら
参考にしてください。

副業トレーダー養成講座

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/631-a67b84e3
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック