損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/11 2弾跳び
ニューヨークダウの急騰で、
日経平均も大きくギャップを空けて寄付き。
ほぼ、昨日と同じような形で、
今度は25日移動平均線をぶっこ抜いてきました。

今日は25日線を支えにしての陽線。
狙いを越えて大きく上昇しています。

ニューヨークにしろ、日経にしろ、
これだけの急騰も珍しいと思いますが、
風が吹いているということで、それは良しとしましょう。

ボリンジャーバンド+2σラインも、
収縮の形から拡張の方向になっていきそうな動きですね。
すぐに上昇するかどうかはわかりませんが、
「買い」保持の視点から考えれば、
上昇余地がまだまだあることは心強い限りです。

良い形になっています。
「買い」は保持です。

次の目安は14,500円のラインでしょう。
すぐそこです。
が、今日はその下に押し戻されました。

この数カ月の日経平均の価格帯別売買高をみると、
その(14,500円)あたりが、とても分厚くなっています。
そこで売買した人がとても多いということです。
一つの売買高の壁になっているのですね。

一概には言えませんが、その辺まで来ると、
それなりの売りが出てくるということなのです。
だから、買いあがるのも少し難しい、
そういうわけです。

当面、今保持している「買い」ポジションは、
上昇する限り保持でいいと思います。
ボリンジャーバンドの+2σまでは射程に入れていいと思います。

ただ、そこは臨機応変に。

利が乗ったときの仕切り(利益確定)のラインは、
決め方がいろいろあって簡単にはいきません。

今の状況だと、以下のようなことが考えられます。

①直近安値割れ
②75日線割れ
③25線割れ=今日の安値割れ
④MACDが凹んだ(「買い」なので)翌日仕切り
⑤直近高値抜け(持合いになれば)
⑥ボリンジャーバンド抜け

じっくり構えるなら、①でいいと思います。
75日線が上向きなので、
75日線抜けで仕掛けたなら、
それで、ほぼ「損切り」にはなりませんから。

あとは、今後の状況で考えていけばいいと思います。

こんな形で急上昇されると、
それはそれで怖くなったりもしますが、
そんなことはルールと関係ありません。

決めたとおりにやればいいことです。

放っておくときは放ってておくのも、
利益を伸ばすやり方です。

欲をかいてはいけませんが、
そこはあくまでルールの通りということで、
仕切る理由がチャート上にないなら保持継続なのです。

さて、今夜のニューヨークはどうですかね?


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/641-95edb0a4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック