損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/20 俯瞰して見てみる
(すいません。昨夜記事アップしていたつもりが、
 アップされていませんでした・・・。)

休日。
少し俯瞰して、全体的に捉えてみましょう。

まず、世界の潮流ニューヨークダウ平均。
上昇のローソク足です。
とは言うものの、持合い含みの何とも言えない形。
それでも、上向き75日移動平均線より上での展開です。
波動の局面においては、末広がりの持合いです。
まあ、乱高下が考えられる状況ですが、
ローソク足に素直に考え「上昇」と捉えましょう。

日経平均は、このところ大体の動き、
ニューヨークに連動しています。
MACDの凹みは置いておくとして、
月曜は金曜の終値にそう遠くない位置から始まりそうです。

であれば、「買い」保持銘柄の寄付きはまず様子見です。
基本的には、仕切ることはなさそうです。

当面の目標は、日経平均の「日足」チャートにおける
前の高値(9/26)です。

これを越えるかか越えないかのときに、
いったん持ち合ったり、
下降したりすることが想定されるからです。

おそらく、
そのときに75日線や25日線が上向きなら、
最終的には、この高値をブレイクしていくことになると
思います。

しかし、一気に行くかというと、
いったんの調整はあるのが普通です。
高値付近は、そこで高値をつかんでしまった人たちが
ホッとして「売り」を出してくるポイントだからです。
で、いったんの調整後、
ブレイクしていくことになるのです。

この調整の仕方によって、
今回の「買い」保持の行方が決まるわけです。

大きく下げられてしまうと、
仕切りということになるでしょうし、
持ち合ったままなら保持継続ということです。

保持した以上は、
細かい動きを気にする必要はありません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/648-00858b87
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック