損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/21 行ったら利確
どこを目標にしましょうか?

ここまで来ると、
少し現実的に考え始めていいでしょう。
明日来るかもしれませんから。

一つは、前の高値(9月の高値)抜けです。

ですが、相場が強いと見るなら、
ボリンジャーバンドの+2σ抜けというのが妥当です。
+2σラインをぬけて終わったら、
翌日の朝、有無を言わさず仕切り、ということ。

あるいは、それでも、全部を仕切ることもないでしょう。
複数単元の保持があるなら、部分仕切りでいいでしょう。

あるいは、もう少し攻撃的に、捉えなおすなら、
それぞれ、
9月の高値抜けをしたローソク足の安値割れ。
+2σ抜けをした足の安値割れ。
そこを仕切りのポイントにしてもいいと思います。

そうすると、そのポイントに株価が来ない限りは、
保持が続くわけです。
そして、保持が続けば、
少しづつ仕切りラインを上げていくのです。

いわゆる、トレイリングストップの手法です。

まあ、しかし、
私は日経先物をやっているわけではないので、
直接の仕切りは、
個別銘柄のチャートにゆだねることになります。
日経平均の動きは、あくまで指標です。

今、というか、このところじっくり見ているのが、
グリー(3632)の仕掛けどころです。
75日移動平均線が上向きになったなら、
本格的に「買い」ポイントを探ります。
今は、まだちょっと早いんですね・・・。

いったんは調整してもらって、
75日線付近まできたところで仕掛けたいものです。

このまま上に行かれちゃうと、
見放すしかないんですが、
おそらく、それはないだろうと思っています。

DENAなんかも、同じ視点で見ています。
ソフトバンクは、高値更新を買っていけるのかどうか。

スイングでの逆張りはダメです。

より高いところ、もうこれ以上は行かないんじゃないか、
というような高値の更新を買っていく・・・
コレ以上は下がらないよ、というところから売っていく、
・・・それがスイングの醍醐味だったりします。

ちょっと話がずれてきてしまいましたが、
調子に乗るって言うのも、あながちダメなことではなく、
時と場合によっては、ものすごい起爆剤になります。

調子に乗っているからこそ見えてくる形もあるのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/649-767ed169
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック