損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/15(その2) まさに急騰
結局、今日も日経平均は大上昇でした。
後場下がることもなく、かえって上を伺うようでした。

今週の動きは、まさに急騰です。

ここまでボリンジャーの+2σを突き抜けていると、
まずはいったん調整がありそうには思います。

ですが、「買い」保持しているとしたら、
再び終値でボリンジャーバンドの+2σの中に株価が戻ってくるまで、
我慢するのも手法です。

この利益確定方だと、天井では利確できません。
しかし、いつぞやも書きましたが、
天井で利益確定できるなんていうのは求めてはいけないのです。

わかっていても、後から考えるとどうしても、
「あの時利確していれば・・・」と思ってしまいがちですね。

でも、それは結果論でしかありません。
結果がわかれば誰だってそうするのです。
わからないから、我々はルールに従うのです。

「今回は・・・」という発想を、我々は極力排しないといけません。
いつも、「この考え方だとトータルでどうなるのか?」
という問いかけを自分にしておくことです。

昨日と同じで、今この状態で、
チャートを冷静に見れば、怖いのが急落であることは
理解できるところだと思います。

注意しないといけないのは、
高値つかみです。

私のルールの中には、
ボリンジャーバンドの+2σを抜けている銘柄を、
新たに買っていこうという手法はありません。
前から持っている銘柄が+2σを抜けたときの対処の仕方が
あるだけです。
なので、高値つかみをしてしまうことは滅多にありません。

私のルール、手法は、
あくまでトレーダーとして生き抜くためにトータルを考える、
そういうやり方です。
「この上昇にのって一発儲けてやれ!」というのとは、
はっきりと一線を画しています。

つまんないなあ・・・と言われればその通り。
返すコトバはありません。

でも、トレードはガッツポーズを求めるものではない、
と思っているので、仕方ないのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/674-ca4ab4aa
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック