損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/26 どこを見ていこうか
調整です。
それでも15,500円の上にいるあたり、
やはり強い相場だと思います。

しかしながら、MACDは正直に下降を示しています。
昨日はヒストグラムが上に伸びました。
でも、今日の凹みで、
基本は凹み傾向であることが見えてきた感じです。

今は、この、日経平均の「日足」のMACDに
敏感になるのがいいように思います。
もしも、今後デッドクロスするなら、
ルールによって「買い」保持は仕切りです。

これだけの高値の時に、MACDがデッドクロスするなら、
それは、大きな警戒のサインです。
MACDの最も使い道のある場面です。

ニューヨークダウはほぼ一本調子で上昇しています。
なので、日経が今後下げるかと言われれば、
それはそうも言えません。

ただ、逆に言うと、
ニューヨークダウが一服して下げてくるなら
日経平均は下げる可能性が大きい、と言えるでしょう。

「買い」を求めるなら、
そうなってくれた方がいいのです。
いわゆる押し目買いができるからです。

そういう意味では、狙いは何ら変わっていません。
上昇相場です。
基本は「買い」目線でいいのです。

ですが、「買い」目線でいながらも、
MACDの変化には目を付けておく必要があります。

上に書いたように、
高値圏の時ほど、MACDのサインには
気をつけるべきだからです。

「買い」のスタンスにあるときは、
急落にもっとも注意するべきなのは理解できると思います。
その急落を、事前に察知して知らせてくれるのが、
MACDでなのです。

何度も書いてきたことですが、
ついつい忘れがちなので・・・、
また書いてみました。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/683-86ff9af4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック