損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/27 近づいてきました
何が近づいてきたのか?
日経平均の「日足」チャートのMACDのデッドクロスです。

今日の日経平均のローソク足は下降の形。
陽線であっても下降は下降。
高値も安値も昨日より低いのですから。

そして、MACD。
ヒストグラムは、またまた凹みました。
さらには、デッドクロスを思わせる
MACDとシグナルのカーブ具合。

移動平均線で見ても、
5日線を割り込んで終わりました。

あした早々に、また5日線を抜けてくれば別ですが、
そうでなければ、短期的な下げが考えられます。

15,000円までの距離もありますし、
さらに25日線まではかなり距離があるので、
下げるとなれば、大きくなる想定も十分に立ちます。

ボリンジャーバンドを含む、
指標となるすべてのラインは上向きです。
なので、それなりに支持線になる可能性もあります。

しかし、もしもMACDのデッドクロスが現れるなら、
迷わず「買い」については仕切りです。
これは、方向性とかスタンスでなくルールです。
絶対に怠ってはなりません。

たとえどんな事情や想定があろうとも・・・です。

言ってみれば、
日経平均が、そういう段階に来たということです。

日経平均は、どんな個別銘柄よりも優先です。
日経平均のMACDがデッドクロスしたときには、
どんな銘柄にでも暴落の危機が来ていると思うべきです。

たとえどんな上昇の形のチャートでも、
たとえ日経平均と連動しない銘柄でも、
そこに例外を作ってはいけません。

そして、さらに言うなら、
デッドクロスの後にどんな展開が来ようと、
喜んだり、後悔してはいけません。
するべきではありません。

なぜなら、ルールなのだから。
選択肢のある行動判断ではないのですから。

ルールってそういうものです。

少なくとも、競技の最中にルールを変えるなんて、
どんなスポーツでもあり得ません。
でも、それを自分で勝手にやってしまって、
自滅する人が多いのです。

なぜでしょう。
やっぱりそれは、トレードをなめているから・・・
だと思います。

なんとかなる・・・。

いや、なんともなりません。
どうにもなりません。

ルールを破れば退場ですね。
当たり前のことですよね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/684-b54ffba9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック