損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/1 もう12月ですね
今年の夏もとても暑かった・・・
いつしか、涼しくなったなと思ったら、
いつの間にか、冬の寒さになって来ました。

相場を見ていようと見ていまいと、
やはり時の流れは早く感じるもので、
もう12月かよというのが正直な感想です。

思えば、毎年毎年このような感想を持っている、
というより、12月でなくても、
年がら年中「もう〇〇・・・」と言っている気がします。

いい意味でそう言っているなら何の問題もありません。
しかし、「もう〇〇・・・」というコトバの中に、
なにか後ろ向きのニュアンスを含んでいるとしたら、
いつもいつも言っているってのは、何の反省もなく、
あまりいいことではありませんよね。

いいことでないとするなら、
根本的な解決を図ろうよ、ということになります。
でも、今度は、果たして解決できる問題なのかどうか、
ということを考えてしまうのです。

解決できない問題なら、
いくら考えても仕方ないのですから。
そうした「もう〇〇・・・」という実感と、
うまく付き合っていくしかないわけですよね。

私は、どうも、「もう〇〇・・・」という実感は、
凄く極端な比較例で恐縮なんですが、
「死にたくない・・・」という気持ちと一緒のような
気がします。(ホントに極端でスイマセン。)

いくら言っても、それは解決しない。
自分の力ではどうしようもないことを、
それでもやっぱり考えてしまうということなのかな、と。

人間なんて、
個人としては結局はそう強い生き物ではないんで、
どんな人でも、いろいろな悩みや考えにとらわれて、
自分の思い通りのことができないことが多いのです。

相場だってそうですよね。
自分の思い通りには行かないです。
でも、それに合わせることにしか、
対応していく術はないです。

そして、相場に合わせるための最大の術が、
「損切り」です。

時間止める術や、死を回避する術はありません。
それは、相場を思う通りにする術がないのと一緒です。

でも、相場に対応する術はあるのだから、
早く進む時間に対応する術、死にうまく対応する術、
そういうのはあるのかもしれません。
いや、多分あるんでしょう。

「損切り」というのが、
その一つのヒントになるでしょうか?

年末年始に、ちょっと考えてみましょうか。。。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/688-d2b7bc14
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック