損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
トレード学校仲間と新年会
トレードの学校の仲間との新年会に参加しました。

日頃も、トレードの学校帰りには、
時間があると飲んだり食べたりしているのですが、
最近は、こういう会もやるようになりました。

年末には、
焼肉屋でランチ ⇒ スーパー銭湯でくつろぎ 
⇒ 中華料理屋で締めのビール
みたいに、一日中一緒にいた仲間もいます。

新年会は、有楽町でカラオケまでやって終電帰宅。
楽しく過ごしました。

不思議と、あまり株の話は出ないのですが、
先生の話はよく出てきて、
教え方の方針や、株に対するスタンスの話とか、
半ば悪口なども交えながら、よく盛り上がります。

トレードの学校に入ると、最初は感激します。
「こんなこと、本には書いてなかった!」
「へえ!この線がそんなに大事なんだ。」
新しい話を聞くたびに、テクニカルの全体戦略構築の力、
個別銘柄のシナリオの考え方など、ものすごく刺激を受けます。

でも、それって、探せば元はどこかには書いてあることです。
生徒はそこまで勉強してなかった、というだけのことです。

まったく新規に、その学校の先生が発見した知識というのは、
なかなかありません。
大体は、少し昔のアメリカや日本のトレーダーが見つけた
戦略です。

だから駄目だというのではありません。
そういう既存の分析手法をからめて、
それなりに独自のトレードルールを作っていくことこそ、
とても大切で手のかかることです。

ところが生徒は・・・・・・・・
なかなか実際には儲からなかったりするのです。
感動、感激したはずの知見をもってしても儲からない・・・。

なぜだ??
やっぱり、この学校はダメなんじゃないか??


そこで出てくるのが先生へ批判だったりするのです。

言われたとおりにやっているつもりでも、
利益が出ない。損ばかり。

学校で学んだつもりでも、なかなかできないことがあるのです。
それは、学校のせいではありません。
なかなか伝えられないことなのです。

なぜ、利益が出ないのか・・・・。

損切りです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/7-1cc242b8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック