損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/29 快適に過ごす
誰だって、快適な生活を送りたいと思うものです。
それでも、世の中自分だけで生きているわけではないので、
いつもいつも自分の思う通りにはいかないものです。

生きていく上では、嫌なこともしないといけないし、
面倒なことにもブチ当たったりするのです。

そういう嫌なことすべてをスルーして生きていければ、
こんなに楽しいことはないだろうと思いますが、
なかなかそうはいきません。

特に面倒だなと思うのは、
自分とは何となくソリが合わない人物と付き合わなければ
いけない場合です。

人どうしのの好き嫌いってのは、
あまり理由がなかったりします。

同じことを言われても、むかつく場合があるし、
その人が同じことをしても、好きな人なら応援するし、
むかつく相手なら、失敗することを期待したりします。
なぜなんだろう、と思っても、
特に理由も見当たらないし、
だからと言って、普通に付き合おうとしても、
無理があったりするのが本当に不思議ですよね。

若いころは、そういうソリの合わない人に関して、
自分が悪いのかと反省したり、
なんとか好き嫌いを克服しようとして努力したものです。

でも、ある程度の年齢になって振り返ってみて思うのは、
無駄な努力だったかもしれない・・・ということです。

なんだかソリが合わない、というのに、
誰が悪いなんてのはありません。
誰だって個性があればこそ、得意不得意はあります。
好き嫌いはあります。

逆にそれを大事にした方がいいんじゃないかと・・・。

嫌いな奴とは付き合わなければいい。
できるだけ話さなくて済むように工夫するのも分別です。
一生、そういうふうに生きた方が、
快適に過ごせるのではないかと思います。

振り返ってトレードに置き換えて考えると・・・
個別銘柄について、同じようなことがいえます。

何となく苦手な銘柄や業種が、私にもあります。
できるだけ、そういうのにこだわらないように考えても、
何となく薬品が嫌いだとか、ゴム系はダメだとか、
そういう意識はぬぐえなかったりします。

だったら、やらなきゃいいのです。
克服する必要なんてありません。

どの業種でも万能、なんて別に自慢にもなりません。
好きな業種、やりやすい銘柄で仕掛ければいいんです。

得意分野で勝負する方が、よほど上手になりますし、
利益も出るはずです。

もちろん、一銘柄だけにこだわるのはどうかとも思います。
でも、それだって時期によっては否定できない手法です。
好きこそものの上手なれっていうのは本当だと思います。

ただ・・・
「損切り」が嫌いとか苦手・・・というのはダメです。

それは、生活でいえば、
「風呂」に入るのが嫌だとか「歯磨き」が嫌いとか、
そういう、やらなきゃ生活や健康が成り立たない、
根幹にかかわる話です。
(まあ、そういう人もいるかもしれませんが。)

個別銘柄と「損切り」では、全く次元が違うのです。

「損切り」には得意不得意はありません。
好きも嫌いも、快適もありません。

やらなければ終わる。
あるのは、それだけですから。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/715-20d97dc3
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック