損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/30 大納会では
大納会。
高値更新のギャップを空けた寄りから、
そのギャップを埋める下げ。

16,250円の壁を作りながら持合い、
後場にはブレイク。
大引け10分前には大きく売られる場面もありましたが、
結局は、陽線で終わりました。

2013年の相場も、これで終わりです。

日経平均は結局のところ、上昇して終わりました。
12月に入ってから年初来高値を更新したところは、
昨年の展開と同じです。

思い起こすと、昨年は、
年末になって再び10,000円の大台を回復し、
年初来高値を更新したのでした。

そこから考えると、
今の日経平均は1.5倍以上になっています。
それだけの価値が日本経済にあるということでしょうか?

いや、そういうのは正しくありませんね。

それだけの価値が今後見込めると投資家が考えている、
ということなんですね。

チャート重視派の私としては、
情報はあまり見ない聞かない・・・ようにしていますが、
今日の大納会には安部総理大臣も参加して、
「来年も買い」と強調していたようです。

だとすると、日経平均の上昇も、
日本政府のお墨付きということです。

そんなに簡単ではないとは思いますけれども、
来年以降も、基調は「買い」というのは、
まあ考えていいシナリオのようです。
2007年の18,000円あたりが、
次の大きな節目、目標になるってことでしょう。

とはいえ、いろいろ紆余曲折はあるでしょうから、
そのあたりを我々個人投資家は狙っていくんでしょうか。

うまくやりたいものですね。

正月には、その戦術を考えましょうか。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/716-a86c28bd
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック