損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/30 またまた暗闇へ
いきなり、またズドンと下落。
昨夜のニューヨークダウの大下げが効きました。
日経平均もひとたまりもありません。

何とか最後は形だけでも15,000円をキープしたものの、
昨日で少しはホッとした人たちを、再び暗闇に陥れるには
十分な陰線になりました。

ニューヨークは確かに大きく下げました。
しかし、正直ここまで日経が乱高下するとも思いませんでした。
もう少し「買い」にも明るいかとの想定でした。

ともあれ、1月以降の最安値を更新してしまいましたし、
「日足」の一目均衡表を見ると、再び雲の中。
少しまごつくと、今度は雲の下に行ってしまいそうです。
ボリンジャーバンドの-2σは株価に追いつくように、
下に広がって来ています。

また、少し長い視点で「日足」チャートをみると、
昨年6月の安値から引く、下からのトレンドライン
=安値のパーティションに、今日の安値(ヒゲの先)が
当たってきているように見えます。

明日以降、この長いラインを割るようなことになると、
いよいよ下降相場も想定されるようになるのではないでしょうか?

75日移動平均線は、まだしっかり上向きを保っているので、
上昇の可能性はもちろん十分にあります。
けれども、それもまごまごしてると、どうなるかわかりません。

ことほど左様に、わからない相場になって来ています。
「買い」で含み損を抱えている人にとっては、
意地を張っている場合ではありません。
「損切り」のスタンスははっきりと決めておいた方がいいです。
そして、機械的に仕切ることです。
でないと、次の仕掛けもあり得なくなるまで落ち込む可能性があります。

15,000円の固いパーティションが、
ここでしっかりと機能してくれれば、それも杞憂なんですが・・・。

まあ、個別銘柄は、悲惨な形になりつつあるものが目立ってきています。

そんな中、冷静に見ると、ここにきて買える形になったものも
あります。そこが相場の面白いところです。
伊藤忠(8001)でも買っていきますか?
今の相場の中、おススメまではしませんが、
すごくいい形です。絶好の位置です。

相場に逆らう必要なんかこれっぽっちもありませんから、
あくまで、余裕があれば・・・です。
そしてくれぐれも少量で。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/749-693b37ee
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック