損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/4 いったいどこまで!
昨夜のニューヨークが更に驚くような暴落というほどの大きな下げ。
日経平均もそれを受けて、
終値で見ればマイナス600円以上の下げになりました。
出来高も大きく増え、それ相当な投げが出てきたと思われます。

暗い相場が、ますます暗くなりました。
ボリンジャーバンドの-2σラインも大きく割り込み、
というか、ラインが追い付かないほどの急落。
14,000円はかろうじて死守しましたが、
これを見てしまうと、もうどうしようもありません。

ひとつ注目すべきは、
日経平均の「日足」75日移動平均線がついに下を向いたことです。
ほんのわずかですが下向き。
日経平均先物でも同じですし、TOPIXを見ても同じ状況です。

「週足」も、すごいことになっています。
39週線が大きく割り込まれました。
そして、この39週線も今日下向きになってしまいました。

いったい反発するのでしょうか?

これだけギャップが空いてしまうと、もう何とも言えません。
反発するかも知れないし、まだ下げるかも知れない。
じっと行方を見ている他ありませんね。
本当に厳しいです。

トレードしようと思えば、太刀打ちできるのはデイだけです。
そういう思いで見ていれば、今日も「売り」チャンスはありました。

あくまで、日経平均のチャートの話ですが、
ひとつは、前場で安値更新をしていったとき。
そして後場で再び安値更新をしていったとき。

前場の安値更新は、前場のラストに上昇を食らっているので、
ひょっとすると「損切り」になっていたかも知れません。
が、後場の方は、我慢すれば引けまで「売り」保持できたかも。
あとは銘柄しだいということろでしょう。

私は、今日はデイトレもできませんでした。
腰を据えて構えられる相場でもないなあと思っていました。

ここまで下げてきてしまうと、今度は本当に下降相場入りです。
今日の終値の水準でまごまごしていると、
本当に75日線が横ばいから下向きになります。
もはや上昇相場ではなくなります。

こういう姿は、先週ですら、いや昨日ですら想像つきませんでした。
これが相場というものです。
毎日そう書いているような気がしますが、
その通りなのです。

年末年始に情報の勢いに乗って買って保持していた人には、
本当に気の毒だと思いますが、仕方ありません。
「損切り」する術もなく、というのが本音でしょう。
下げるときは早いものです。考える暇もありません。

そして、本当に思い知った時には、もう遅いのです。

こういう時のための勉強であり、経験です。

今回は、週足MACDのデッドクロスです。
偉そうにするつもりは毛頭ありませんが、
この指標を、それなりに見られていたかどうか・・・。
どんなに「買い」の局面でも、忘れてはいけないことだった、
ということですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/756-bc0ac8da
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック