損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/11(番外) 「空売り」こそが王道
株は買うものである。
みんなそう思っています。
というか、あまりにも当たり前なので、
誰もそんなことすら口に出しては言いません。

だから、「株をやっている」というと、
相場が上昇している時に、
とても大儲けしているかのように思われてしまうようです。

だから、株トレードでは、
「買い」と「売り」は全く平等ではありません。

FXの場合は、「買い」も「売り」も平等です。
誰もが等価に捉えています。

でも、株は買うものであるとの固定観念があるため、
株の「空売り」は、ほぼ忘れられているのです。

それは、金融情報を流すマスコミも同じです。
というより、マスコミは意図的に「空売り」に触れません。
「空売り」をススメるなんてことは絶対にありません。
なぜなら、「空売り」は広告主や大切な取材先にとっては
不利になることだから。

逆に言うなら、一般が持つ「株は買うもの」という固定観念は
マスコミによって作られたものである可能性も高いのです。

しかし、それゆえ、
トレード技術があるならば、株は「空売り」が有利です。
「買い」中心のトレードより、「売り」中心のトレードの方が、
確実に利益が取れます。
(これはいいとか悪いとか、そういうことでなく、事実です。)

だから、私は、
「空売り」をメインに据えたこのセミナーを、
大いにおススメするのです。

「空売り」スキルこそ本物のスキル

「空売り」は利益を取れる半面、
より洗練された技術がないと、
失敗したときにリスクも大きくなります。
特に、「損切り」技術は、
「買い」のときより、
さらに厳格に研ぎ澄まされている必要があります。

なぜなら、「空売り」の場合の損失は青天井になるからです。

でも、その洗練された技術を身につけることができれば、
「空売り」のリスクを限定することもできるわけです。
本質的には「買い」も「売り」も、同じことなのですから、
買うときと同じように売ることができるわけです。

まあ、まずは「空売り」に特化した、
このセミナー動画をごらんください。

株の基本中の基本がわかります。

「空売り」スキルがトレードスキルの本質
・・・これ本当です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/761-47ae4d60
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック