損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/9 ソチ五輪です
テロへの警戒に威信をかけたロシア。
とりあえず、今のところは無事のようです。
無事なスタートで良かったです。

私は、スポーツ観戦が好きなので、
五輪になると、夏と冬を問わず、どうしてもテレビの前にいる
時間が長くなってしまいます。

トレード中も五輪中継があれば、生でも録画でも、
流しっぱなしです。

日本人選手が出てくるときはなおさらです。
そして、応援しまくります。

スポーツは、どんな競技でも戦略・戦術があります。
戦略というのはその競技をやる上での自分のスタンス。
戦術というのは試合を戦う上での方針、でしょうか。

一人ひとり、素質や努力の方向が違う中で、
それぞれの戦い方でしのぎを削ってゲームする、というのは、
本当に魅力的で、引きこまれてしまいます。

昨夜は、女子スキーフリースタイルの、
上村愛子選手の試合を観てしまいました。

結果は4位。
悲願中の悲願だった(と思われる)メダルに、
またもあと一歩と言うところで届きませんでした。

直後のインタビューには、
すがすがしく笑顔で答えていましたが、
やはり、相当に悔しかったと思います。

どんなに過去があったとしても、
人間には現在があるだけです。
そして、現在から先の未来があるだけです。

しかし、
「現在」が自分の人生の中でどういう位置づけになるのかは、
その先の未来を待たねばなりません。
未来がどうなるかによって、
「現在」をどうとらえるかが決まるのです。
それが歴史です。

そう考えてみれば、
逆に、「現在」何をするかによって、
「過去」の位置づけが変わる可能性があります。

やっぱりとれなかった五輪のメダル。
これが上村選手の現実の「現在」でした。

今回の4位を通じて、
上村選手は自分の「過去」をどう思うことでしょう。
まあ、そんな暇は、今のいまではないことでしょう。

また、これからの上村選手の「未来」が、
今経験している「現在」を変え、
そのことが、
さらに「過去」をも変えてしまう可能性だってあるわけです。

そう思うと、
今後の上村選手にも注目したいと思ってしまいます。

結局、「過去」の位置づけは、
死ぬまでわからないのかもしれません

「あのときはあんなに大損したなあ。」
「もっと勉強しとけばよかったな。」
「あのときに切っておけば・・・」

そうした後悔も、「現在」に活きているか否か、
「未来」に活かそうとするのか否か、
それによって大きくその価値が変わってくるように思います。

ただ、「活かす」って、そう簡単じゃないので、
やっぱり過ぎゆく時間に頼らねばならないってことなんですね。

・・・
今日は、トレードを少し離れてしまいました。

明日からまた、元に戻ります!

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/762-457d7470
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック