損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/16 下降相場に入りそうな銘柄の形
アトランダムではありますが・・・
カシオ(6952)、清水建設(1803)、
ジェイテクト(6473)。

これらはすべて、75日移動平均線が上向きから横ばいになり、
株価がその周辺で持合い気味に動いているものです。

おそらく、今後の日経平均が下げてくるならば、
このまま下降相場に移行していき、
75日線が下向きになっていくものと思います。

25日線は、下向きですがまだ株価の上にあり、
デッドクロスはまだ先です。次第に下に来るのでしょう。
そういう意味では、日経平均に比べて、下げが遅れているのです。

3銘柄とも、「日足」の一目均衡表ではまだ雲を割っていません。
ギリギリのところで何とか雲割れせずにいます。

また、「週足」は、上昇。
チャート上はまだ大きな下降の波動やローソク足は出ていません。
ただし、デッドクロスはしています。
大きな下げがあってもおかしくはないサインです。

今、この形の銘柄も結構な数であります。

これらの銘柄が、75日線の上で粘れるかどうか?
それは、ほとんど日経平均次第です。

いままで、日経平均が75日線の下に大きく下げているのに、
これらの銘柄は、なんとか耐えていたのです。
それだけ、上昇基調が強いということでもあります。

しかし、結局のところ粘れないとなると、
この形は、その分、いったんの大きな下げが来ます。

日経平均が上昇すると、再びこれらの銘柄が上昇に入ってしまう
可能性もありますが、下げると大きいのもこの形です。
下降相場の入り口では、一気に大きな下げが来ることが多いのです。
(その分、戻りも早いことが多いので注意です。)

私は、当然のことながらこれらの銘柄を狙っていきます。

ポイントは、金曜日の足の安値割れ。
そこでまずは打診売り。
そして、波動においての直近安値割れで、追加の売り増し。

そういう戦術を立てて相場を見ます。

日経平均が持ち合うようになると、
これらの銘柄も75日線付近で持ち合うようになります。
そのときは、「損切り」も覚悟です。

でも、それはそれで当然のこと。
そこはリスクとしてきちんと考えておくべきです。

月曜日は、寄付きが少し高そうなので、
どこまで実現するかは未知数ですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トレードの本格的な勉強です。
時間あるときに見てください。
「空売り」スキルがトレードスキルの本質

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/771-14790405
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック