損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/20 今度は下げだが
ニューヨークダウの下げ以上に日経平均は下げました。
先週出てきたような、それなりの大陰線です。

今日、一昨日の大陽線の安値を下回りましたので、
昨日のローソク足の「持合い」と違い、今日は完全な「下降」。
MACDも再びへこみましたし、
5日移動平均線も割り込んでいます。

ここで、短期波動的なポイントがひとつ。

この後、月曜日のローソク足の安値を割るまで下げてしまうのかどうか、
というポイントです。

一昨日の高値は、直近高値(先週の高値)を抜けていますので、
いったんは短期波動「上昇」となったのですが、
今度は下げて直近安値を下回るとなると、
波動的に、末広がりの「持合い」になってしまいます。

中長期でも「持合い」のところ、
短期でも「持合い」になってしまうということで・・・
ますます乱高下の様相を呈してきます。

相場は混乱している、というわけです。

乱高下、混乱ということは、急落もあるし急騰もある、
ということで、非常にやりにくい相場かも知れません。

しかしながら、どこかでも書きましたが、
末広がりの「持合い」のときは、とりあえず「売り」目線で、
というのがあります。

相場に参加している人は、ほとんどが「買い」目線。
混乱しているということは、「素直に買えない」ということです。
だから、目線は「売り」。

当たらずといえども遠からず、というところでしょうか。

今日、私は、昨日の記事で出した銘柄を「売り」仕掛けてみました。
形が良かったので、スイングだけでなくデイでもやりました。
デイではそれなりに大きな利益を出すことができました。

スイングの仕切りは、もう決めています。
「損切り」は昨日の高値抜け。
直近安値を割ったときには、売り増しの追撃。
利益確定は、臨機応変にとの考えです。

この会社には申し訳ないですが、
ズドーンと下げる場面も十分にありうると思っています。

逆に、明日、あれーっと上に飛んでしまうかもしれませんが・・・。

日常のことではありますが、どうなるか楽しみではありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の「売り」のスキルの基本もコレです。
「空売り」スキルがトレードスキルの本質

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/775-6be23ee9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック