損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/21 今度は上げです
今日の日経平均は、はっきりとした上昇でした。
これまたなかなかの大陽線です。終値の上昇幅は400円以上。

ニューヨークダウが陽線といえどもローソク足局面では「下降」
という記録であるのに対し、本当によく上げました。

そして・・・
ついに、上から降りてきている25日移動平均線にぶつかってきました。
75日線は上向きで、25日線とどんどん離れていく方向です。

乱高下とはいえ、今日の上昇で、昨日見えてきた形と
また違う形が見えてきましたね。

14,800円~14.900円付近にあるギャップというか、
パーティション(ギャップもパーティションの一つです)というか、
それが結構強いものであることが、まずわかりました。

そして、今はその位置に25日線があること。

さらには、今月の最安値以降、しだいに安値が切りあがってきていること。

つまりは、高値水平のパーティションに対して、
安値が切り上がる、三角持合いの形を刑せしつつあるということです。

そうであれば、高値水平のパーティションを抜ければ「上昇」、
ということになりますね。
ましてや25日線抜けも伴います。
チャートの短期波動局面でも今は「上昇」。

要は、「上昇」の形ということですね。
月曜日どうなるか、非常に興味深いところです。

さて、私が昨日から「売り」保持している銘柄は、
今日は幸か不幸か「損切り」にあいませんでした。
日経平均が昨日の高値を抜けた時点で「損切り」という判断もありかと
思いますが、初心を貫き、銘柄の昨日の高値からラインを変えませんでした。

それはそれで、この銘柄が、
日経とは逆に、安値水平のパーティションを作って来ていますので、
「仕掛け」てしまった以上、日経とは違う道を歩むのは、
仕方ない話です。

今日は日経平均がこれだけ上げたのに、この銘柄はほとんど上げていません。
それだけ「下降」の傾向が強いということ・・・。

いやいや、そこまで考えると、それは単なる私見です。

ほとんど上げていないのは事実だとしても、
だから下降傾向が強いというのは、
自分が「売り」保持しているからこその色メガネ。
それを判断の根拠にしてはいけません。

あくまで、ポイントに来ていないから保持なのです。

スイングは、我慢です。
時には、保持しているうちに日経の流れに反するような時もあります。
苦しい時です。
そして、そのまま待たされた挙句に「損切り」になることも
よくあります。
今回もそうなる可能性はあります。十分あります。

それでも我慢。我慢。

いや、それはもう我慢ではなく、日常の風景なんです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
日経平均の見方が管理人さんとほぼ一致していました。
ちょっと嬉しかったです。^^)

あと、ご紹介いただいているビデオの中では、損切りの重要性についてあまり触れられていませんね。
そこを強く主張すると、人が寄ってこないからかもしれませんが。
そこが少し気になります。
2014/02/21(金) 20:51:29 | URL | 安部 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
安部様

コメントありがとうございます。

日経平均、私の見方が正しいかどうかは、
私にも本当にはわかりません。
でも、常にいつも意識しておくべき重要な指標であることは、
いくら強調してもし過ぎることはありません。
そこはご理解されているように感じます。
頑張っていきましょう!

「損切り」というのは、もちろんテクニカルな面が第一ですが、
その後に生じてくるメンタルの問題と言うのが、
とても大きいと感じています。

トレードの勉強には、テクニカル勉強とその後の訓練があります。
ご紹介したビデオなどは、そんな「テクニカル勉強」にあたります。
まず、トーレーダーになりたければ身につけておくべき
知識や手法です。
そして、「損切り」の重要性は、その後に来るのです。

簡単に言うなら・・・
「仕掛け」が悪ければ、「損切り」を考えてもあまり意味がない・・・
のです。

なので、やっぱり最初に学ぶべきは、テクニカルなのです。

そのあたりの事情は、
ドンピシャでなくてもこのブログで何度か書いているので、
参考にしていただけるといいかと思います。
(たとえば・・・
 http://kabuturbo.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
 このあたりの記事です。)

なので、ビデオそのものでは「損切り」に言及することは、
そう多くないと思います。

偉そうに言うつもりはないですが、
テクニカル勉強だけでは不足する部分は、
このブログで十分に書いていきますので、
ご安心ください。

今後ともよろしくお願いします。
2014/02/21(金) 21:29:43 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
お返事ありがとうございます。

「仕掛け」が悪ければ「損切り」を学んでも意味がない。確かにその通りかもしれません。
良い、確率の高い、「仕掛け」の仕方をまず学ぶ。
昨年私は、「損切り貧乏」になってしまいましたが、おかげで100件以上の取引ができ、いろいろな状況を体験できました。

あきらめずにやっていきたいと思います。
2014/02/21(金) 22:12:26 | URL | 安部 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
安部様

再びのコメントありがとうございます。
すぐ読んでいただきましたようで、
とてもうれしいです。

若干の補足です。

「損切り」をきちんとやれば、
損の少ないトレードはできます。
でも、「仕掛け」が適切でないと、
儲かる(利益の出る)トレードができないんです。

仕掛けた後、価格が自分の仕掛けた方向に
順行するか逆行するか。
そして、大きく順行するか逆行するか。

トータルで利益が出るかどうかは、
その確率の問題です。

その中でも、「大きく順行する」確率を高めるのが、
スイングの「仕掛け」のテクニックです。
あるいは、デイなら「順行する」確率を大きく高めるか。

そこは、「損切り」テクニックやメンタルでは、
どうしようもないところなのです。

・・・・・・・・・・・・・

「損切り貧乏」も、トレード上達の過程だと、
ご自身なりに、捉えられていれば、
十分大丈夫だと思います!!
2014/02/22(土) 00:15:33 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/776-adff6cdc
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック