損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/25 「上昇」となりました
15,000円を抜けた寄付き。
分足でみると、いったんは15,000円が抵抗線になるかという
ところもあったのですが、抜けた後は逆に支持線になりました。

日経平均の今日の動きは、抵抗線・支持線が逆転した展開でした。
「日足」でも、そういう展開になるのかどうか、
今後の相場次第ですが、いったんは「上昇」と見たほうがよさそうです。

昨日記事に書いたいろいろなパーティションやラインを、
一気に抜けていったのですから、その判断が妥当です。

そして、何より上向きの75日移動平均線があります。
下向きであれば、次の抵抗は75日線になるのでしょうが、
上向きですから「上昇」のほうに働くはずです。

明らかに下向きの75日線を持つも別銘柄がどう動くのか、
着目したいところですね。

もちろん、単純に「上昇」というわけではなく、
あくまで”いったん”です。

大きな流れは、まだ持合いだと思いますから。

でも、スイングにとってはこの”いったん”が大事です。
”いったん”でかたがつくような時間軸が、スイングの時間軸なのです。

こうなってくると「買い」目線です。
75日線をスムーズに抜けるようならさらに「買い」。
日経平均と同じように25日線、75日線を抜いていく銘柄を
見つけることです。

今週「損切り」にあったサンリオ(8136)も、
今日は完全に「上昇」でした。
25日線を抜いた寄付きで、そこを割ることはありませんでした。
完全下向きの75日線までの上昇はあっておかしくありません。

結果論ではありますが、
昨日、再度の「売り」仕掛けなどしなくてよかったのです。

相場の状況は、今めまぐるしく変わっています。
「売り」かと思えば「買い」。
大きな上昇と大きな下降を繰り返しています。
いい形で仕掛けたとしても、明日はどうなるかわからない。
そういう色合いの強いときです。

仕掛けは少ロット、仕切りは短期。
それが基本的なスタンスだと思います。
そして、できればデイで終わらせること。
予測だけでスイングをやると、せっかくの利益がなくなってしまいます。

ちょっとした気持ちのゆるみで一日保持してしまうと、
大きな損失もくらってしまいやすいです。

自分のポジションに惚れないこと。
どこかでセーブする気持ちを忘れないこと。

長い目で見れば、そうした戦術が必ず功を奏します。

どこをセーブするのか・・・。
ロットか、期間か、仕掛け銘柄数か・・・
いつも、頭に置いておくといいかと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/782-c461e261
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック