損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/27 15,000円が怖いのか?
日経平均は15,000円がどうしても突破できませんね。
ここに来ての持合い様相。
昨夜のニューヨークを見れば、それもそうだと思います。

何らかの力がないと、自力では15,000円を抜けられないようですね。
TOPIXは5日移動平均線も割ってしまっています。
日経平均のMACDも下に引っ込んでしまいました。

まあ、順当にいけば、しばらくは持合いの感じだとしても、
だんだん上昇していくのだろうとは思っています。

でも、それだけじゃ、仕掛けには結びつきませんからね。

売れば損切り、買えば損切り、という方もいらっしゃると思います。
それくらい、毎日毎日振り回されてしまう相場です。

この状況を打破する方法は一つしかありません。

しっかりと爪を研いでおいて、来るべきチャンスを待つ。

これです。

フライングをしてはいけません。
でも、出遅れてもいけません。

出遅れた場合は、次のチャンスを待つのです。
出遅れたまま追いかけてはダメです。

すごく抽象的な言い方なんですが、
そういう言い方しかありません。

予測はいくらでも立ちますが、実のところスイング目線だと、
上に行くのか下に行くのか、ほぼわからないのですから。

そして、チャンスは必ず来る。
上だか下だかわからないけれども、
必ず相場は動きます。

そして、動くに当たっては、必ず兆候を出してくれます。

兆候が出る前に動いたら、それはフライング。
兆候が出ているのに動けなければ、それは出遅れ。

兆候を見つけるのはチャート。
チャート以外の情報で動くのは、個人トレーダーに関する限り、
無謀です。

兆候もないのに、チャートに何も出ていないのに、
どうしても行きたくなる・・・
仕掛けないではいられなくなる・・・
そうなるとしたら、
それは、ほとんど誰かの仕掛けた罠だと思ってもいいと思います。

必ず、からめ捕られます。
もう、ほとんど、必ず、です。

チャートを見る。
日経平均のチャート、先物のチャート、TOPIXのチャート、
ニューヨークダウのチャート、そして個別銘柄のチャート。

回答は間違いなくそこにしかありません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の動画ライブはご覧になりましたか?
見られなかったとしても、録画は必ず見られるようになるはず。

何か、聞きたいことがあれば、トレードテクニックに関することなら、
私にコメントいただいてもいいです。

もちろん、私は、主催者ではないので、
かなり勝手な立場からの意見にすぎないことしか言えませんが、
それでも、きっと何かのお役にたつとは思います。
(そのあたりはご了承のうえ・・・お願いします)

「空売り」スキルがトレードスキルの本質

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/784-514c6915
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック