損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/3 上昇終了一歩手前
寄付きの弱さは、ちょっと想定外。
今日の日経平均は25日移動平均線の下からはじまりました。
そして、14,500円を割る大下げから10時過ぎに一転。
寄付き付近まで上昇して、大きな下ヒゲを残して引けました。

ちょっと下に大きなギャップが空きましたね。
これは考えていなかった展開でした。

そして、ぎりぎりのところまで下げてきました。
なにが「ぎりぎり」かというと、チャート波動に関してです。

今日もし、直近安値(2月20日の安値)を割ってしまえば、
短期の波動局面では「持合い」となるところでした。
どうにかこうにか「上昇」を保てるところで下げ止まったのです。

この大きな下ヒゲ。
一般的には、下げ止まりのサインとして見ることが多いようですが、
どうなのか?

「買い」の側から見れば、自分に都合よくそう解釈するのでしょう。
でも、本当のところ、大きな下ヒゲにそこまでの意味があるのかどうか。

私は、あまり気にしません。
意味があろうとなかろうと、だから??というところです。

ローソク足の形で、翌日を予測しても仕方ない。
要するに、予測はトレードには意味がない、ということです。

私が気にするローソク足の形は、単独で判断するものではなく、
昨日の足との関係です。
昨日の足と比べて、上昇なのか下降なのか。
それだけです。

今日は、どんなに大きな下ヒゲだろうと、
昨日の足と比べて「下降」です。
そして、大きなギャップが空いているということ。
それだけが、気にすべき事実であるわけです。

そして、明日は上昇かも知れないし下降かも知れない。
それだけ。

ただ、直上に25日線がありますから、
明日はそこを抜けるかどうかが一つの焦点になるでしょう。
このまま、下向きの25日線を抜けなければ、
すぐに75日線が下向きになるところまで来ました。

ついこの前も書きましたが、たった一日で本当に状況は変わるものです。
今日の足のおかげで、日経のチャートは崩れる可能性も出てきました。

今日でてきた崩れる可能性と、
下げ止まって「上昇」を維持したこと。
どちらが今後の相場を支配していくのか?

今日、私は「売り」の目線。
明日もまだ、「売り」で考えていくことにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トレードをやる人は、常に「売り」の視点を持っているべきです。
それが、相場を考える時の本質だからです。
「空売り」スキルがトレードスキルの本質

3月7日に締め切られる予定です。
早めにのぞいてみてください。。。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
いつもブログ拝見させてもらってます。

サンリオの仕掛け参考になりました。
なるほどですね。
納得して自己判断で勝負しました。
無事にリカクできました
ありがとうございました
m(。≧Д≦。)m
2014/03/04(火) 18:52:37 | URL | 売り好きトレーダー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
売り好きトレーダー 様

コメントありがとうございます。
そうですか、サンリオ。。。

よかったですね。
おめでとうございます!

自己判断、というのは、
またまた、おめでとうございます、ですね。

成功体験を繰り返すことだけが、
トレーダーを成長させます。

また、レポートお願いします!
2014/03/05(水) 00:46:15 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/788-b5a1c4e9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック