損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/18 そうでもないなあ
昨夜のニューヨークダウの上昇、
こうしてみると、日経平均へのインパクトは、
さほどでもなかったようです。

もっともっと、上昇するのかと思って見ていました。
しかし、寄ってからの日経平均の方向は下。
5日移動平均線に上を押さえられた感じ。
何とかMACDの下への伸びは回避したものの、
75日線、25日線は下向きになったまま。

確かに、ローソク足の比較では昨日に比べて「上昇」ですが、
全体的に見れば、上昇のサインはあまり見つけることができません。

日経平均「日足」の一目均衡表も、
再び、転換線が基準線を下回るデッドクロスになろうとしています。

チャートの波動としてみれば「持合い」と先週書きましたが、
このままいけば、明らかに下降相場入りします。
(というか、すでに下降相場?)

今日を含めて、いったんの上昇があって、
そこから再び下降に入り、昨日の安値を割るなら、
チャート波動の「下降」が成立しますので、
その時には、改めて完全な下降相場ということになるでしょう。

いったんの上昇は、まず5日線を抜け、
下向きの25日線に達したところでまず注目。

先週木金で空いた大きなギャップを抜け、25日線を抜ければ、
まだわからない・・・ということなのでしょう。

でも、下向きの25日線を抜けられるかどうか。
そこが大きな焦点です。
跳ね返されれば下降相場が見えてきます。

ボリンジャーバンドも、収束から拡散へ。
しぼまっていた流れが、昨日から開く方向に変わっています。

これは、下に落ちる余地がまだ広がるということですから、
下降相場入りの可能性を後押ししているわけです。

まだ、単純には言えません。
けれども、今日は、そういうふうに私は感じました。

ニューヨークダウも、大きな陽線が出たとはいえ、
上からのトレンドラインを抜けてませんし、
またすぐに下降に入るかも知れません。

もし、そうなるなら、日経平均はひとたまりもないように思います。

今日からのいったんの上昇は、
逆に言えば、「売り」銘柄が格好の状況に上昇して来ることを
意味します。

そろそろ、チャンスが来ますね。

ここは捉えるべきところのように思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/803-9cea6847
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック